B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

海外で厚い信頼を築く 日本製中古車の輸出事業
株式会社マガリジャパン 代表取締役 出田淳也

 
プロフィール  大阪府出身。学業修了後、幼少時代から好きだった車に関する仕事に就きたいとの思いから、カーディーラーの大手企業に就職し自動車整備士として勤務する。その後、ワーキングホリデーとしてカナダへ渡航。現地でも自動車整備士の仕事に就き、自動車の技術を学ぶとともに海外の見聞を広めた。帰国後、2009年に独立して中古車の海外輸出業を開始。2012年に法人化し(株)マガリジャパンを設立した。【ホームページ
 
 
 
兵庫県西宮市を拠点に、日本製中古車の海外輸出事業を行っている株式会社マガリジャパン。元自動車整備士で、カナダのトロントでも整備士として働いていた経歴を持つ代表取締役の出田淳也氏は、海外での生活と就労経験を活かし、日本の国産中古車を海外に輸出する事業を開始した。自ら輸出先の国に赴き、現地の人々との強い信頼関係を築き上げるという出田社長。その秘訣と、仕事にかける情熱について存分に聞いた。
 
 
 

自動車整備の技術を学ぶため単身カナダへ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 日本の中古車を海外に輸出する事業を手がけておられる、株式会社マガリジャパンさん。まずは出田社長の人となりについてうかがいたいと思います。社会人の第一歩からこのお仕事をなさっていたんですか?
 
出田 いえ、もとはカーディーラーの大手企業で約4年間、自動車の整備士をしていました。幼い頃から車が好きで、「将来は自動車に携わる仕事に就きたい」と考えていたんです。
 
濱中 車の整備士というと車の構造を熟知していないとできませんし、車の分解や組み立てる作業も必要ですから、出田社長の自動車への熱い気持ちでどんどんスキルを磨かれていったのでしょう。
 
出田 そうですね。でも、それ以上にもっと自動車整備の技術を磨きたいと思いはじめまして、ワーキングホリデーを利用して単身でカナダのトロントに渡りました。アメリカやカナダの北米地域は自動車製造業の本場ですから、優れた技術を学んでみたいと考えたんです。
 
濱中 それはすごい! まるで日本のプロ野球選手がメジャーリーグに挑戦するために渡米するかのようですね。そこで体験したことや学んだこと、その後の歩みについても詳しく聞いていきたいと思います!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事