B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

フローリングの革命! 画期的な画期的な建材を輸入販売
SSJ株式会社 代表取締役社長 李小燕

 
プロフィール 中華人民共和国無錫市出身。学生時代より日本に興味を持ち、大学では日本語を専攻して言葉や文化を学んだ。その後、大手自動車部品メーカーに就職し、通訳や人事畑などで経験を積む。女性が起業できる環境になりつつある中で、2015年に会社員を卒業。約2年間半にわたって遊学しながら起業の準備をし、自身で事業を立ち上げ2018年にSSJ(株)を設立した。現在は建材を中心とした輸入・販売業を手がけている。【ホームページ
 
 
 
神奈川県横浜市を拠点に、建材の輸入・販売を手がけるSSJ(エスエスジェー)株式会社。中国の無錫出身である李小燕代表取締役社長は、大学時代に日本語を専攻し、言葉と文化を学んだ。そして、日本の大手自動車部品メーカーに勤務するも、女性であり、しかも外国人である李社長にとっては大きな苦労があったという。さまざまな苦労を乗り越え、ついに日本で経営者となる夢を叶えた李社長に、仕事に懸ける熱い思いを聞いた。
 
 
 

フローリングに革命を起こす画期的な建材

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 本日は神奈川県横浜市で建材の輸入・販売を行っているSSJ株式会社さんにお邪魔しています。こちらでは、今までにない珍しい床材を取り扱っておられるそうですね。
 
李 そうなんです。“フローリングの革命”とも言われる画期的なもので、製品名は「エコストーンフローリング」と名付けました。Stone Plastic Composite、通称SPCと呼ばれる床材なんですよ。
 
水野 実は、私の父や親族が建設関係の仕事をしているので、どんな床材なのかとても気になっていて、今日おうかがいするのがすごく楽しみだったんです! 実際に見せていただくことはできますか?
 
李 もちろんです。実は水野さんが立っていらっしゃる足元のフローリングが、まさにエコストーンフローリングなんですよ。
 
水野 え! これがそうなんですか! てっきり普通のフローリングだと思っていました。見た目ではまったくわかりませんね。
 
李 そうですね。確かに見た目は一見すると普通のフローリングです。でも、エコストーンフローリングが優れているのは、その原料や材質、そして構造によるものなんですよ。
 
水野 この床材にどんな秘密があるのか、ますます気になってきました。エコストーンフローリングについて、詳しくお聞きしていきたいと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事