B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

健康寿命支える歯科医院 予防重視で天然歯を守る
やまもとデンタルオフィスふじみ野 院長 山本賢

 
プロフィール 山梨県出身。歯科医師を目指し、日本大学歯学部に進学。卒業後は東京と茨城の歯科医院で約10年にわたって研鑽を積んだ。2021年3月、埼玉県ふじみ野市にやまもとデンタルオフィスふじみ野を開業。虫歯・歯周病治療や根管治療を軸に、予防ケア、インプラント、入れ歯なども手がけ、審美治療にも対応している。【ホームページ
 
 
 
歯科医院・やまもとデンタルオフィスふじみ野の山本賢院長は、入れ歯やインプラントは歯を失ってしまった場合の最終手段と捉え、“できるだけ削らない”“なるべく抜かない”を心がけ、できる限り歯を残す治療に力を入れている。天然歯は食物を噛んで味わう器官としてほかの何ものにも替えがたいと話す山本院長。開業して間もない医院に込めた配慮や得意な治療、噛み合わせの大切さなど、幅広いテーマについて語ってもらった。
 
 
 
開放的かつプライバシー配慮も万全の診療室
 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本(隆) 21年3月、埼玉県ふじみ野市にオープンしたばかりのやまもとデンタルオフィスふじみ野さん。歯のことは私自身だけでなく、成長期の子どもがいるのですごく関心があるんです。しかも、院長先生が私と同じ山本姓と知って、一方的にご縁を感じております(笑)。
 
山本(賢) こちらこそ。さすがバレーボールのトップレベルで活躍された方だけあって、想像していた以上に大きいですね! まるで天井を見上げているみたいです(笑)。
 
山本(隆) むしろ、こちらが天井の高さに驚いてますよ!
 
山本(賢) 2m50cm以上ありますからね。一般的な歯科医院よりも余裕を持たせた設計になっているので、患者さんの話だと診療台に寝た状態でも高く感じられるようですね。身長が203cmある山本さんが窮屈な思いをしなくて良かったです(笑)。
 
山本(隆) 窓も大きくって、開放感がありますよね。院内の環境でいえば、昨今は歯医者さんにも患者のプライバシーへの配慮を求められると耳にしたことがあります。こちらの診療室は開放的でありながら、それぞれ個室になっているから安心できそうです。
 
山本(賢) ありがとうございます。患者さんが圧迫感や過度な緊張を感じないよう、プライバシーと空間的余裕のバランスに注意しました。なるべくリラックスして治療を受けていただくのが一番ですからね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事