B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

メンタル指導の専門家が
プラス思考の選手を育成

 

否定の言葉で一歩先に踏み出せない癖がつく

 
glay-s1top.jpg
大津 駒田さんのお話は重要だと思います。人間は誰かに支配されると安心する一方で、考え方が窮屈になってしまうもの。それなのに支配されたがる人が多いのは、自分の頭で考えられないからなんですよ。アスリートにとって大切なのは、自分がどういうプレーをしたいか、その意図を発信する力を身に付けることです。また、そのためのトレーニングをすることだと私は考えています。
 
駒田 なるほど、自分で考え、意図を発信する力を身に付けるトレーニングですか。
 
大津 メンタルとは、いわばアスリートの思考の癖です。特にテニスの場合、試合中は誰とも会話ができないので、無意識に独り言が増え、そこにプレーヤー一人ひとりの思考の癖が出てきます。そこで、「あのシチュエーションでは、こんな独り言を言っていた。それを別の言葉に変えれば、プレーの内容も良くなるはず」と、試合を振り返りながら自分を伸ばす言葉を探すと、劇的な効果を発揮できるんですよ。
 
駒田 そのような訓練は、マイナス思考の選手には特におすすめかもしれませんね。
 
大津 駒田さんのおっしゃる通りです。考えすぎてしまう人やマイナス思考の人は、なかなか行動も起こせません。逆に、常に自分に問いかけて主体的に行動できる人は、試合でも結果を出しやすくなるんです。
 
glay-s1top.jpg
駒田 現役時代に、私は誰よりも「チームのため」という気持ちでプレーしてきました。でも、それと上から指示されるのを望むかどうかは別のことだと思っています。
 
大津 アスリートが実力を発揮できるかどうかは指導者や保護者がどういう言葉をかけるかによっても左右されます。自分のプラスになる言葉をかけてもらえれば、選手は自分を肯定できるようになり、自分でも自分に同じ言葉をかけられるようになるものです。でも、否定する言葉ばかりかけられると選手は自分自身を否定し、常に周りの反応を気にしながら行動するようになります。すると、一歩先に踏み出すことができない癖がついてしまうんです。
 
駒田 それが、大津代表のおっしゃる思考の癖ですよね。私は独立リーグのチームの監督をしたこともあり、このときもなかなか大変でした。独立リーグには中卒から東大卒、社会人経験者からプロ野球経験者までさまざまな選手が所属しています。学歴も人生観も人としての成熟度も異なる選手をまとめるため、私は、遅刻をしない、物事を継続するなど、人間として大事な基本を伝える仕事に専念してきました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事