B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

介護や終活をサポートし シニアの不安に寄り添う
かいご俱楽部 代表 左近理弘

 
プロフィール 大阪府出身。救急病院で医療事務や総務・人事に就きながら、介護福祉を学び、2019年、高齢者向け施設を紹介する“かいご倶楽部”を設立した。老人ホームや介護施設の紹介をはじめ、終活についての相談や、自治体と連携した関連セミナーなども開催。終活ガイド検定認定講師、身元保証認定講師、福祉用具専門相談員など、多数の資格を所有している。【ホームページ
 
 
 
老々介護やヤングケアラーといった介護の問題が表面化している昨今、必要とされているのは、適切なアドバイスをくれる頼もしい専門家の存在だ。“かいご倶楽部”では、介護中の悩みやトラブルはもちろん生前整理など終活に関する相談も受け付け、それらをテーマにしたセミナーも行っている。医療・介護・福祉のプロフェッショナルとして現場を経験し、そのキャリアを現在の仕事に活かしている左近理弘代表に話をうかがった。
 
 
 

介護や終活などシニアライフ全般をサポート

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 大阪市住吉区にある、“かいご倶楽部”さんの左近代表にお話をうかがいます。まず、事業の概要と、起業の経緯について教えてください。
 
左近 私たちは、主に老人ホームをはじめとする高齢者施設のご紹介や、終活のご案内を行っています。もともと私は、介護保険制度がスタートする2000年以前から病院の医療事務に就いていまして。私と妻の両親のことも考え、介護福祉の勉強を始めたんです。きめ細かい介護にかかるサポート事業を運営したくて、開設にいたりました。
 
濱中 身近な方々を支えたいとの思いが転機で、介護施設や終活相談を手がけるようになったわけですね。
 
左近 はい。施設のご紹介やご入居の手続きに加え、変わりゆく時代に合わせた葬儀や納骨のアドバイスなど、老後サポートにワンストップで対応しています。新型コロナウイルスの影響で自粛しているものの、関連セミナーなども開催していますよ。
 
濱中 高齢化が進む中で、介護や終活のサポートは需要が高いでしょう。いろいろな資格も取得されているとか?
 
左近 終活トータルガイド資格や遺言書作成認定講師、福祉用具専門相談員、認知症サポーターなど幾つもの資格を持っているので、さまざまなお困り事に幅広く対応させていただきます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事