B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

女性も気軽に来店できる 地域密着の自動車販売店
株式会社浅田自動車工業 代表取締役社長 山元由美

 
プロフィール 京都府出身。父が自動車販売店を営む家に生まれる。父が逝去した後は、2代目として経営を引き継いだ母から、3代目になるように言われながら育つも、かねてより憧れていたアパレル会社に就職。その後、25歳のときに家業である(株)浅田自動車工業に入社した。代表に就任後は、ベテランスタッフとともに地域に密着したサービスを心がけている。【ホームページ
 
 
 
女性経営者が率いるユニークな自動車販売店。それが京都府木津川市の株式会社浅田自動車工業だ。代表取締役の山元由美氏は父・母から引き継いだ会社を3代目として見事に牽引。工場長の高橋学氏をはじめとする優秀なスタッフに支えられながら、木津川の住人に快適なカーライフを提供している。「ふらっとお茶を飲みに立ち寄れるお店」として地元に愛される同社の過去・現在・未来をじっくりとお聞きした。
 
 
 

アパレル業界から自動車販売店の3代目に

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 京都府木津川市の株式会社浅田自動車工業さんにお邪魔しています。お話をうかがうのは山元社長と工場長の高橋学さんです。閑静な街並みの中にたたずむお店がとてもきれいで驚きました!
 
山元 ありがとうございます。この店舗を建て替えたのは2003年なので長い年月が経っています。でも、弊社は女性社長が2代続いていることもあり、いつもきれいで清潔に保つよう心がけているんですよ。狩野さんに褒めていただけると嬉しいですね。
 
狩野 自動車販売店の経営者が女性というのは、まだまだ珍しいですよね。さっそく、会社と山元社長のご経歴を教えていただけますか。
 
山元 弊社は1968年に父が創業し1992年に法人化されました。私自身、もちろん生まれも育ちも木津川なんですよ。残念ながら父は早くに亡くなり、それ以降は2代目の母が弊社を経営していまして。長女の私は小学生の頃から「3代目になるのは由美だ」と言われていました。
 
狩野 幼い頃から継ぐことを意識されていたわけだ。でも、小学生の女の子にとってはあまり嬉しくないかもしれませんね(笑)。
 
山元 ええ、「なんでやねん」という感じでしたね(笑)。車に興味がなく、人と話すことが好きだったこともあり、憧れていたアパレル業界で働く道を選びました。でも、後を継ぐなら早いほうが良いと25歳で弊社に移ることになったんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事