B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

野球選手専門セラピーで
子どもたちの未来を応援

 
 
glay-s1top.jpg
濱中 実は私も、小学生の時に肩を壊してしまいまして、その痛みがプロに入ってからも続いて、結果的に手術を繰り返すことになったんです。もしも子どもの頃にしっかりケアしていたら、もっと長く現役を続けることができたかもしれません。自分の体の状態を自分で判断できる能力を持つことは、本当に大切だと思います。
 
元脇 おっしゃるとおりですね。それに、ケガ以外にも倦怠感などのプチ不調や気分が乗らない時も、当然ながら自分が持っている能力を十分に発揮できなくなりますよね。私は「パフォーマンス=能力×コンディション」だと考えていますので、コンディションに関わる食事や睡眠などの質を高め、心・技・体のすべてで子どもたちをバックアップすることを大事にしています。
 
濱中 生活習慣の改善と言えば、私は特に体の疲れを取るためのより良い睡眠についてお聞きしたいですね。ぜひともアドバイスをお願いします。
 
元脇 例えば、平日は夜10時に寝て朝6時に起きるという規則正しい暮らしをしていても、休日は深夜1時に寝て朝9時に起きとなると、それだけで体は時差ぼけしてしまいます。ですから、必ず一定のサイクルで生活することが大切ですね。また、起床したら5分で良いので、まず日光を浴びる。夜の食事は就寝の3時間前に済ませる。そして、寝る1時間前には温めのお風呂にゆっくり浸かることを心がけると良いですね。そうすれば質の高い睡眠を得ることができると思いますよ。
 
濱中 ありがとうございます! さっそくアドバイスを取り入れて生活したいと思います。それでは、最後にこれからの目標について教えてください。
 
glay-s1top.jpg
元脇 思いっきりプレーして良い状態なのか、それとも加減すべき状態なのかを選手自身が判断できるようになるための情報や環境を提供できるチームを増やしたいと考えています。そのために指導者や保護者を対象としたセミナーや講習会を積極的に開催して知識・技術を共有していきたいですね。そして、自分自身の取り組みを通じて、子どもたちに野球をもっと楽しんでもらいたいですし、野球人口のさらなる増加や選手生命の長期化につなげ、日本の野球界により貢献していきたいです。
 
濱中 日本の未来を支える子どもたちのために、元脇代表には全力で取り組んでいただきたいと思います。子どもたちが「痛い時は痛いと言える環境」をつくり上げ、安心して野球に取り組めるよう頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私が現在、取り組んでいることが、未来にどのような影響を及ぼすのかを考えながら仕事をすることですね。例えばケガをしない子どもたちが増え、その結果パフォーマンスが向上し、日本の野球レベルが向上する! そういうことをイメージして活動していると、とてもわくわくします。
(元脇周也)
 

:: 事業所情報 ::

Beyond the frame

〒565-0818大阪府吹田市尺谷11-2

ホームページ
https://xn--pdvs3x.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事