B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客の心に寄り添った
温もりのある遺品整理

 

他社が3日かける仕事を1日で終わらせる

 
glay-s1top.jpg
タージン おばあさまの遺品整理を、質の低い業者に依頼せざるを得なかったという悔しい思いが、石田社長を遺品整理の業界へと進ませたわけですね。
 
石田 そうなんです。私自身がこのような苦い経験をしているのだから、間違いなく大勢の方が同じような思いを抱いているのではないか。それなら、私が遺族の気持ちを汲み取った温かみのある遺品整理を行って、困っている方々の力になりたいと思ったんです。大学卒業後は不動産会社に就職したものの、その時の思いが忘れられず、遺品整理会社に転職しました。それから3年ほどノウハウを学び、2015年に独立して弊社を設立したんです。
 
タージン そのお気持ちは素晴らしいですね! 詳しい業務内容についてもぜひ教えてください。
 
石田 遺品整理業を中心に、ゴミ屋敷の片付けや家財・車両の買い取りなども行っています。その中でも注力しているのは、やはり遺品整理ですね。弊社では遺品整理士の資格を持つスタッフも含め50名のスタッフに業務に励んでもらっています。
 
タージン 50名ですか! そんなに多くのスタッフさんが在籍しているとは驚きです!
 
glay-s1top.jpg
石田 それだけの人数がいるので、弊社は圧倒的な業務スピードとコストパフォーマンスの高さが自慢の一つなんですよ。通常、遺品整理は1件あたり4~5人のスタッフで作業します。でも、弊社は十数人のチームで一気に片付けることが可能です。つまり、他社なら3日かかる仕事を1日で終わらせることができるんですよ。
 
タージン なるほど。そうすると1日にこなせる件数も増え、1件あたりの料金を下げても利益を出すことができますね。お客さんとTKC株式会社さんの両者がWIN-WINの関係になれるでしょう。
 
石田 ありがとうございます。例えば、独り暮らしをなさっていた方の遺品整理では、お子さんやお孫さんなどご遺族が遠方からお見えになる場合があります。その際、立ち会いに何日もかかるようだとホテルに宿泊せざるを得ない方もいらっしゃるんです。しかし、弊社なら日帰りで遺品整理が終わりますから、お客様から「とても助かる」とお褒めの言葉をいただくことも多いんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事