B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

プラント配管のプロ集団 意欲ある人材を積極採用
井上工業 代表 井上周護

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 井上工業さんは鉄工・プラント配管・工場設備配管の工事をメインに手がけているとうかがいました。製造業の基盤をつくるとても重要なお仕事ですね?
 
井上 はい。配管工は、企業が持つ生産設備のすべてに関わっているんです。私たちは、配管工事一式とそれに伴う鉄工・溶接工事、さらにはプラントや工場全体の新設工事も行っています。
 
狩野 高度な技術が必要ですよね。熟練するには時間がかかるでしょう。
 
井上 もちろん、技術や知識は一朝一夕に身に付くものではありません。それに、ただ腕を磨くだけでは不十分です。この仕事で一番なくてはならないものは、人と人の良好な関係だと思っています。一緒に働く者同士が信頼し合って初めてうまくいくし、お客様とのつながりもできるんです。
 
狩野 技術が優れていても、一人で仕事は成り立たないというわけだ。
 
井上 ONE TEAM! おっしゃるとおりです。従業員や応援してくれる協力業者さんたちが居るからこそ、会社が成り立つのですから、持ちつ持たれつの関係じゃないといけません。人は一人では生きていけないと思うので、何事も助け合い、支え合いが必要だと思います。仕事においては義理と人情もやっぱり大事です。いつもお客様や仕事仲間のことを考えて行動できる人、先々のことを考えられる人であれば、技術は後からついてくるものだと思っています。
 
狩野 では、井上代表が求める人材もそういった方なのですね。
 
井上 はい。やる気があれば(笑)、未経験でも構いません。昭和、平成の古き良き部分を残しつつ、令和という時代に沿ったやり方に共感できる方なら大歓迎です。
 
狩野 従業員さんと親睦を深めるために、普段から実行していることはありますか?
 
glay-s1top.jpg
井上 上司と意見交換のできる環境づくりを心がけて、月に1回ほどのペースで、普段の仕事上の関係を取り払い、一緒にご飯を食べに行くなどしています。家族ぐるみの付き合いができるのが理想ですね。
 
狩野 井上代表の話を聞いていると、義理人情という言葉のように、古いと思われがちな価値観の中にも素晴らしいものがあって、今に生かせるんだということがわかります。野球界でも、昔からあるトレーニング法が簡単に否定されることに疑問を感じていたので、井上代表の言葉に共感しました。最後に井上工業さんのキャッチフレーズをぜひ、お願いします!
 
井上 ありがとうございました。昭和の技術、平成を飛び越え次の世代へ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人とのつながりを大切にすることです。人間関係が良好であれば、仕事が楽しくなりますよ。
(井上周護)
 

:: 事業所情報 ::

井上工業

〒676-0074 兵庫県高砂市梅井3-15-10

ホームページ
http://www.i-n-i-98.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事