B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

商品の品質に妥協せず
美容と健康にアプローチ

 

中身を守る容器にも一切の妥協なし

 
glay-s1top.jpg
畑山さんもモリンガ茶を試飲
畑山 会社員時代にいろいろな部門を経験され、どのような経緯で独立に至ったのでしょうか。
 
佐伯 自分が本当にしたいことと、会社の方針に基づいた仕事との間にズレを感じるようになりまして。実は、食品と化粧品の原料はよく似ているんです。しかし、その両方の分野から美容や健康に対してアプローチする会社は少なく、自分がつくりたいものは自分でつくるしかないと思い、独立を決意しました。独立してからは、妻からも「会社に勤めていた頃の顔は生気がなかったけど、今は生き生きとしているね」と言われましたね(笑)。
 
畑山 やりがいによって顔つきも変わってきますよね。ところで、ジャグビリアンテという社名にはどのような意味があるのでしょう。ぜひ教えてください。
 
佐伯 ジャグビリアンテはスウェーデン語で「~しない」という否定の意味です。前職で勤めていた頃、周囲の人々から「そこまでしなくてもいい」とか、「そこまでして何になるの?」と言われるたびに、逆に私は「どうしてやらないんだ」と思っていました。ですから、私自身の「妥協したくない」、「諦めたくない」という気持ちや、常にチャレンジする気持ちで、「否定的な言葉を否定する」という思いを社名に込めたんです。
 
畑山 なるほど! 否定の否定だから、つまり肯定的でポジティブな姿勢を意味しているわけですか。それでは、事業内容についても教えてください。お聞きしたところでは、モリンガという植物を使用したお茶や化粧品を取り扱っているそうですね。僕もモリンガ茶を試飲させていただき、なんだかとてもパワーがあふれてくるような感じがしました。
 
glay-s1top.jpg
佐伯 モリンガは主にインドや東南アジアなどで栽培されており、次世代のスーパーフードと言われています。モリンガ製品はフィリピンの名ボクサーであるマニー・パッキャオさんも愛用しています。私のモリンガとの出合いは2016年で、日本ではまだ認知度が低い頃でした。最近では、日本でもオーガニック業界に浸透しています。それに、モリンガには、GABAや葉酸をはじめとした90種類以上の栄養素が豊富に含まれています。ノンカフェインということもあり、飲みやすいお茶として毎日でも続けられ、お通じも良くなったと評判なんです。また、モリンガの種から精製したオイルは、モリンガシードオイルと呼ばれ、リゾート地のエステやマッサージの高級オイルとしてヨーロッパでも大人気なんですよ。
 
畑山 へーっ、あのパッキャオ選手も! モリンガオイルにはどんな効果が期待できるんでしょうか?
 
佐伯 保湿効果や抗菌作用などが期待でき、有効成分を肌へ深く浸透させる働きがあるため、真珠のような光沢をお肌に与えてくれるんですよ。
 
畑山 それは素晴らしいですね。容器もとてもきれいで、素敵だなぁ。
 
佐伯 ありがとうございます。これは世界でたった1社しかつくれない、砡(ぎょく)ガラスを使った容器なんです。白磁を思わせる外観が特徴で、離型剤というお肌や化粧品に良くない成分を使わずにつくられています。化粧品を長く安全に使っていただくために、容器にもとことんこだわりたかったので、砡ガラスを見つけた時には「これしかない!」とすぐに容器の素材として決めました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事