B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

成績や点数にプラスして 人間力の向上を目指す塾
高橋塾 代表 高橋良平

 
プロフィール 兵庫県出身。大学在学中に、大手塾でアルバイト講師を始める。その後も塾講師を続け、大手のほか個人塾でも指導経験を積んだ。塾講師生活8年目となる2019年4月、地元である尼崎市に高橋塾を開校。塾の先入観を覆す、楽しさを重視した校風と短期間で成果が出る学習指導法が特徴。生徒、保護者間で口コミとなり、開校後10ヶ月で在籍生徒数が80名を超えた。【ホームページ
 
 
 
「日本一楽しい塾」を掲げる校風と、成績アップの実績から、兵庫県尼崎市で注目を集めている高橋塾。「点数を上げるのは当たり前」と言い切り、人としての成長まで考えた指導は、保護者からも大きな評判を呼んでいる。子どもたちを指導するのは、高橋良平代表をはじめとする若い講師陣。「この塾で勉強以外の多くのことも学べた」と言ってもらえるように、生徒一人ひとりのお兄さん・お姉さんとして、今日も愛のある指導を行っている。
 
 
 

固定観念を覆す、圧倒的に楽しい塾

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 兵庫県尼崎市で、昨年2019年4月にオープンした高橋塾さん。高橋代表と上原莉基副代表にお話をうかがいます。まずお二人のこれまでの歩みを教えてください。
 
高橋 大学進学と同時に大手塾でアルバイト講師を始めました。卒業後も地元尼崎市や伊丹市で塾講師を続け、キャリア8年目となった昨年に独立したんです。
 
上原 私も、学生時代にアルバイトで講師になりました。高橋ともその職場で知り合ったんです。もともとは別の企業に就職するつもりだったものの、高橋から誘われて起業の道を選びました。
 
狩野 新進気鋭の2人で立ち上げた塾なんですね。そんな高橋塾さんの強みは何でしょう?
 
高橋 塾の堅苦しい印象が覆るほどの“楽しさ”ですね。もちろん勉強はします。ただ、強制的に勉強させる従来のイメージはまったくありません。現在所属してる講師は13名おり、私たち以外は全員現役の大学生です。先生というよりお兄さん・お姉さんという感覚で、生徒との距離も近いんですよ。
 
上原 勉強以外の話もよくしますからね。たわいない会話から信頼関係を築くと、指導もスッと頭に入れてくれるんです。
 
狩野 それはすごく共感します。僕も野球指導ではみんなの好きなゲームの話をすることがあります。そうすると生徒から積極的にコミュニケーションしてくれるようになるんですよね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事