B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

電気一筋30年の技術力
人を大切に感謝を忘れず

 

人を大切にしながら、電気一筋30年

 
glay-s1top.jpg
八木 お二人ともプロ意識が高いというか、電気の話になると止まりませんね(笑)。 
 
和田 私以外は、寡黙な職人気質のスタッフが多いんですよ。現場では「おはよう、お疲れ様でした」の2言しか会話しないようなタイプです(笑)。
 
八木 昔ながらの生粋の職人さんという感じだ。ホームページを拝見したところ、各スタッフさんの写真に一言ずつコメントがあり、仲間意識というか・・・“愛”を感じました。
 
和田 ホームページ制作も私の担当なんですよ。「会社は人なり」とよく言うように、川添電気工事の強みの一つは、豊富な人材だと思います。
 
川添 人に恵まれたからこそ、30年以上もやってこれたと思うんですよ。バブル時代からリーマン・ショックによる不景気まで、山あり谷ありの道のりでしたから。スタッフはもちろん、協力会社のみなさんにも、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
八木 ホームページには、協力会社のスタッフさんの写真も載せておられます。一言コメントも入れておられるのは珍しいですよね。川添電気工事さんの「人を大切にする」社風が、とても伝わってきますよ。
 
glay-s1top.jpg
和田 八木さんにそう言ってもらえると嬉しいです。また、川添電気工事のもう一つの強みは、スタッフの技術力の高さです。私たちは他社様が断るような難しい案件にも対応してきました。例えば、防爆電気工事と言って、火災や爆発を引き起こす可能性があるような危険な案件も、お受けしてきたんです。電気工事に対する技術の探究心については、同業他社から抜きん出ていると自負しています。
 
八木 電気業界も深い世界だなあ。防爆電気工事などに対応できる特殊技術を持っているのは大きいですね。
 
川添 ありがとうございます。ほかにも、大手製鉄会社様の産業機械の電気工事を扱ったことがあります。最終的には大手自動車メーカーの生産ラインの一部になるような仕事でした。
 
八木 それは素晴らしい! そこまでいくと、電気工事というよりも、産業機器開発の一端を担っている立場になりますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事