B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

世界の希少な自然物を 日本の人々へ広めたい
株式会社V.epoch 代表取締役 内田泰成

 
プロフィール 埼玉県出身。自然が好きで、会社員時代は趣味として登山や海外旅行を楽しんだ。海外の大自然の中で新しくチャレンジしたい気持ちが芽生え、直感を信じて妻とともにニュージーランドへ移住。果樹園でスーパーバイザーとして4年間働く中でバヌアツ共和国の人と出会い、高い抗酸化作用を持つタマヌオイルを知る。バヌアツの経済発展のため、タマヌオイルを広めるべく帰国し、(株)V.epochを立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
「世界には、日本に住む私たちが知らない希少なものがまだたくさんあります」株式会社V.epoch(ブイ・エポック)の内田泰成代表取締役はそう話す。内田社長が発信する商品の第一弾はタマヌオイル。高い抗酸化作用を持ち、肌の健康維持が期待できるという。第二弾として、保温効果の高いポッサムの毛を使った商品を企画中だ。内田社長は、世界の希少な自然物を日本に紹介していきたいと目を輝かせながら語ってくれた。
 
 
 

直感を信じてニュージーランドへ移住!

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 埼玉県比企郡の株式会社V.epochさん。内田社長と、奥様で取締役のかほりさんにお話をうかがいます。まずは、起業に至るまでの経緯を教えてください。
 
内田(泰) 以前は日本で会社員をしながら、登山をしたり世界中を旅したりしていました。あるとき、海外の雄大な自然の中で新しくチャレンジしてみたいという思いから、直感を信じて妻と一緒にニュージーランドへの移住を決めたんです。
 
川村 お仕事を辞めることについて、奥様は反対されなかったんですね。
 
内田(か) はい。もともと趣味や考え方が似ていますので、すべてを処分して、リュックサック一つで行きました(笑)。
 
内田(泰) ニュージーランドでは果樹園のスーパーバイザーとして4年間ほど働きました。その中で一緒に仕事をしたバヌアツ共和国の人たちから「タマヌオイル」というオイルを教えてもらい、すぐにバヌアツに行ったんです。そこで出合ったタマヌオイルを日本に広めたいと思って帰国し、弊社を立ち上げたんですよ。
 
川村 行動力がすごいですね! 社名にはどんな意味があるんですか?
 
内田(泰) 「V」はバヌアツやビクトリーのV、「epoch」は記念すべき日や輝かしい瞬間を意味し、出会いが輝かしい瞬間になればいいな、という思いから名づけました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事