B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

常に笑顔の住まい探しで “幸多い暮らし”を実現
株式会社delight住宅販売 代表取締役 秋本治夫

 
プロフィール 大阪府出身。ミュージシャンになる夢を叶え、バンドでドラムを担当するほか、音楽教室で指導を行うなど充実した日々を過ごす。講師を務めていた音楽教室を離れて、一念発起し上京。生活のために飲食やアミューズメント業界で働く中で、仕事の本質は人を楽しませることにあると気付く。その後、自身がマイホームを買う際に出会った営業担当者に触発され、不動産業界へ。経験を積み、2019年8月に独立を果たす。【ホームページ
 
 
 
京都市下京区に拠点を置く不動産会社・株式会社delight(ディライト)住宅販売。代表取締役の秋本治夫氏はミュージシャンから不動産業に転じ、土地や住宅・マンションの販売やリフォームなど、購入・売却を問わず、住まいのことならあらゆる相談に応じている。秋本社長のモットーは「仕事はエンターテインメント」。住まい探しを心から楽しんでもらうため、顧客とはフレンドリーに接し、さまざまな問題を解決。“幸多い暮らし”を提供し続けている。
 
 
 

仕事の本質は人を楽しませること

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 不動産会社・delight住宅販売を営む秋本社長は、珍しいご経歴をお持ちだそうですね。
 
秋本 私はもともとプロミュージシャンで、プロドラマーでした。音楽講師としても活動するなど、子どもの頃からの夢を叶え充実した毎日を送っていました。ところが、講師をしていた教室の経営が怪しくなり、上京することにしたんです。本業の音楽が軌道に乗るまでのつもりで、飲食店の調理やアミューズメント業界の仕事を始めたところ、気付いたらそっちで出世してしまっていたんですよ。
 
畑山 不動産業界へは、どのようなきっかけで?
 
秋本 自宅を購入する際に相談した不動産会社の営業マンが、初めての経験でとまどっていた私の不安を拭い去ってくれたんです。本当に感動しました。それで不動産営業に魅力を感じ、その営業マンに憧れて、「自分も同じ仕事をしたい!」と、未経験の不動産業界に飛び込みました。
 
畑山 つまり、ご自身の感動を多くの方に伝えるため、不動産業に転じたわけですね。
 
秋本 はい。私は音楽で「人を楽しませること」を楽しんでいましたし、アミューズメント業界で働いた経験から「仕事の本質は人を楽しませること」にあると気付きました。だから私は、不動産の仕事も一種のエンターテインメントと考えているんです。お客様に住まい探しを楽しんでいただくため、自分自身が楽しみながら不動産の仕事に取り組んでいく。これが私の揺るぎのないポリシーです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事