B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

知識と経験に自信あり! 建築のことならお任せを
株式会社フルカワ建設 代表取締役 古河祥行

 
プロフィール 大阪府出身。専門学校を卒業した後、20歳で建設会社に就職。現場監督の見習いとして勤める中で、学校など公共の建物工事を多く手がけて経験を積む。25歳のときに一級建築士の資格を取得。その後、1級建築施工管理技士の資格も取得し、2019年2月に独立。(株)フルカワ建設を立ち上げた。増改築工事や新築、リフォーム工事のほか、建物の耐震診断や改修工事も手がけている。【ホームページ
 
 
 
耐震診断や改修工事、増改築、そして新築からリフォームまで。住まいのことならなんでも相談できる建設会社が、大阪府箕面市の株式会社フルカワ建設だ。代表取締役の古河祥行氏は、前職で公共工事の現場監督という大きな仕事に携わりながら、若干25歳で一級建築士の資格を取得。豊富な経験と知識をもとに建設会社を立ち上げた。古河社長の建築に懸ける情熱と真摯な取り組みをじっくりとうかがった。
 
 
 
耐震診断から新築まで住まいのことはお任せ
 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪府箕面市を拠点に躍進中の、フルカワ建設さんにお邪魔しています。古河社長は一級建築士と1級建築施工管理技士の資格をお持ちで、耐震診断や改修工事、リフォーム、そして新築まで、住まいのことならなんでもお任せできるそうですね。その中でも僕が注目しているのは、耐震診断と改修工事です。ぜひ、詳しく教えていただけますか。
 
古河 住まいを耐震補強するには、まず、耐震診断を行って地震に対する建物の強度を調べる必要があるんですよ。弊社ではその診断を実施して、結果をもとに改修プランを設計し、工事も責任を持って施工します。1981年以前に建てられた住まいは、自治体の耐震診断費補助制度を利用できるケースもありますので、お気軽にご相談いただきたいですね。
 
狩野 古い住宅にお住まいの方は、万が一の地震に備えるためにも、耐震診断と改修工事をしておいたほうが良いでしょうね。それでは、古河社長がフルカワ建設さんを立ち上げるまでの歩みをお聞かせください。
 
古河 私は高校まで普通科で学び、専門学校を卒業した後に、20歳で建設会社に就職しました。現場監督の見習いとして働いたんです。当時は、学校など公共の建物の工事が多かったですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事