B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

1回の施術で痛みを緩和 紹介制ボディケアサロン
Body Supportよしざわ 代表 吉澤友喜

 
プロフィール 大阪府出身。中学生時代は極真空手と軟式野球に熱中。高校で硬式野球を始め、大学時代はキャプテンを務めた。怪我に悩まされていた大学4年生のとき、背骨の位置を調整する施術で痛みが取れ、その治療家のもとに弟子入り。修業をしながら整体の学校に通い、資格を取得した。2012年にBody Support よしざわを開き、背骨の調整による施術を提供している。【ホームページ
 
 
 
歪んだ背骨を調整するだけで、肩や腰の痛みを緩和する。たった1回の施術で改善に導くと話題のボディケアサロンが、大阪府松原市のBody Support (ボディサポート)よしざわだ。代表の吉澤友喜氏は、このサロンを完全紹介制で運営。“師匠”から受け継いだ高度な技術に自身で研究した技術を融合し、数多くの利用者を健康に導いている。自らも怪我に苦しんだ野球解説者の狩野恵輔氏が、吉澤代表の技に迫った。
 
 
 

要望があればどこでも出張サービスを

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球評論家)
狩野 大阪府松原市のBody Support よしざわさんにお邪魔しています。紹介者のみの施術で完全予約制としているそうですね。どのような方が訪れているのでしょうか。
 
吉澤 当院は一般の方はもちろんのこと、プロ野球やサッカーの選手など、現役アスリートの方々にもご利用いただいています。また当院での施術だけでなく、ご希望があれば出張もしているんですよ。日本中どこでも対応していますし、海外までおうかがいすることもあります。私のポリシーは、お互いに貴重な時間を使うのだから、一度の施術で痛みを和らげ、改善させること。おかげさまで大勢のご利用者様から高い評価をいただいています。
 
狩野 僕も現役時代は怪我に悩まされ、腰のヘルニアで手術したこともあるんですよ。もっと早く吉澤代表と出会っていれば、悩むこともなかったかもしれませんね。それでは、吉澤代表が治療家になるまでの歩みをお聞かせください。
 
吉澤 私は、中学まで極真空手と軟式野球に熱中していまして。高校で硬式野球を始め、大阪商業大学時代はキャプテンも務めたんですよ。ただ、怪我が多く、やがてボールを投げられなくなりました。キャッチボールをするだけで、首に痛みが走るようになったんです。そうした経験から、私は治療家の道を志すようになりました。そして、痛みがひどくなり、腕が上がらなくなった大学4年生のときに、“師匠”と出会うことができたんです。
 
狩野 師匠ですか! どんな方なのか気になります。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事