B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

社長の人柄で口コミ受注 ワンストップで電気工事
CWE株式会社 代表取締役社長 中野恭大

 
プロフィール (なかの きょうた)兵庫県出身。高校の電気科に進み、ラグビー部で活躍。卒業後もラグビーを続けるため、実業団を持つチタン合金製造関連の工場に就職した。レギュラーの座を獲得するも、友人が独立していく姿に触発され起業を視野に退社。電気工事業界でも難易度が高いとされる鉄筋コンクリート建物の工事に取り組み、修業を積む。その後独立し、2018年にCWE(株)として法人化を果たした。電気工事・電気通信工事を中心に力を発揮している。【ホームページ
 
 
 
高校時代からラグビーに熱中し社会人実業団でも活躍した中野恭大氏は、「自分の道を目指すために安定した職場を去った」と振り返る。未経験だった電気工事業界へ飛び込み、ゼロからスタートを切るのは生易しいものではないはずだ。だが、ラガーマンの負けん気の強さで修業を積み、CWE(シーダブルイー)株式会社を興すに至った。社員への感謝を胸に、さらなる事業の発展に燃える中野社長の思いに迫る。
 
 
 

電気工事のみならず、建築業務も請け負う

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 兵庫県尼崎市に拠点を置き、電気工事・電気通信工事を中心に、内装・外装工事など建築関係の事業も幅広く手がけるCWE株式会社さん。事業の軸は電気工事とうかがっています。具体的にはどのような仕事なのですか?
 
中野 メインとしては、新築やリフォーム物件など、個人・店舗を問わず、工事用の電気引き込みから、最終的な配線作業まで手がけています。この事務所の電気工事も自分がすべて行いました。そのほか、道路で見かける電柱への高圧・低圧電気工事や弱電工事、自動火災報知設備工事、電気通信工事などを請け負っています。
 
畑山 電気工事ならすべてお任せといった印象です。電気を電柱から家の中へ配線して、最終的な電気器具へ引き込むのは、家1軒を建てる工程に関わるということ。大変な作業なんでしょうね。
 
中野 そうですね。施主様とよく相談し、利便性はもちろんのこと、配線をなるべく見せないようにするなど、細かな部分まで意識しています。また、電気工事以外のご相談に関しても、ネットワークを活かして、信頼する業者さんを紹介するなど、お客様が複数の業者に連絡する手間のないように弊社でワンストップ受注させていただいているんです。
 
畑山 窓口が1つなのは便利だなあ。お客さんにもわかりやすいし、ありがたいですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事