B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

豊富な経験を活かして
地元の地域医療に貢献

 

豊富な経験を活かした内視鏡検査と痔の治療

 
glay-s1top.jpg
矢部 大きな病院で外科医として長らく活躍なさってきた岩倉院長。現在は手術などの外科的な治療は行っていないんですか?
 
岩倉 勤務医時代に比べると、さすがに手術の頻度は少なくなりました。でも、日帰りでのポリープ切除といった手術は現在でも行っています。また、胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査でも、これまでの経験が活きているんです。特に、苦痛の少ない内視鏡検査には自信がありますよ。
 
矢部 内視鏡検査で一番に気になるのって、「痛くないの?」ってところですもんね(笑)。検査してもらうなら、岩倉院長のような経験豊富な先生にぜひお願いしたいですよ! 岩倉院長としては、ほかにどのようなお悩みを抱えた患者さんに来てほしいと考えていますか?
 
岩倉 例えば痔でお悩みの方は、ぜひお早めに相談にいらしてほしいですね。肛門疾患は、いぼ痔、切れ痔、穴痔にも対応しており、私の得意とする領域でもあります。特にいぼ痔に対する注射治療の経験も豊富です。
 
矢部 お尻って自分では見えない部位なので、痔であるかどうかの判断は難しいと思うんです。どのような症状があれば相談すべきなのでしょう?
 
岩倉 お尻の激しい痛みを感じたときや、排便時に出血などの症状がある方は、痔疾患の可能性があります。これらの症状に心当たりがあれば、受診していただければと思います。痔は食生活の乱れや、生活リズムが不規則な方に多く、最近は若い女性にもよく見られるんです。当院では、患者様が女性の場合は、診察に女性看護師が同席しますので、性別を問わず、安心してご来院していただきたいです。
 
矢部 デリケートな箇所だからこその対策もばっちりですね! 痔の治療そのものは、どのように行うのですか?
 
glay-s1top.jpg
岩倉 疾患の種類や重度によって対処は異なります。ただ、基本的には薬物治療に合わせて、排便コントロールを行っているんです。治療には便が正常に排出されることがとても大切なので、食事面のアドバイスも丁寧に行っていますよ。
 
矢部 お話を聞いていて、岩倉先生のご説明はとてもわかりやすいと感じました。病気の知識がない私でもすんなり理解できますよ。
 
岩倉 ありがとうございます。当院では、患者様が理解しやすい説明を心がけているんですよ。というのも、継続的な治療が必要な場合、ご自身の病状や治療内容をご理解していただくことが重要だからです。ですから診療時も、説明用の絵図や検査画像を用いながら、患者様にご納得いただけるまで説明するようにしています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事