B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人生を考えるきっかけを
植物の販売を通じて提供

 

大切なものを継承する意識で販売

 
glay-s1top.jpg
畑山 ただ珍しい品種を取り扱うだけでなく、一つひとつの植物を、しっかり愛情を注いで育てていることも、浦部陽向園さんの特長だと感じます。
 
浦部 ありがとうございます。植物も人間や動物と同じように、手塩にかけて育てれば立派に成長してくれますからね。とはいえ、大切に育てるというのは、過保護に育てるのとは違うと思うんですよ。
 
畑山 それは、いわゆる“温室育ち”にするわけではないと?
 
浦部 そのとおりです。植物たちもずっと温度調節した温室でぬくぬくとしていられるわけではなく、いずれはお客様のもとへ行かなければなりませんからね。だから、私はあえて過保護にせず、ありのままに近い環境で育てるんですよ。そうすると、病害虫に負けない強い個体となり、お客様のもとでもたくましく育つようになるんです。朝に購入した植物が、夕方に枯れてしまったら悲しいですからね。
 
畑山 お客さんのもとでも、植物が美しさを維持できるように育てているわけですか。自分の手元を離れたあとのことまで考えていらっしゃるとは、まるで我が子を社会に送り出すときの父親のような感覚ですね。
 
glay-s1top.jpg サボテンや多肉植物の数々。珍しい品種がずらりと並ぶ
サボテンや多肉植物の数々。珍しい品種がずらりと並ぶ
浦部 はい。私にとって、植物は単なる商品ではありません。それ以上の大切な存在です。だからお客様へのお渡しも、売るというよりお譲りする、大切なものを継承するという意識で行っているんですよ。
 
畑山 それはとても素晴らしい考え方だと思いますよ。そこまで愛情をもって育てられた植物なら、お客さんもずっと大切にしたいと思うでしょうからね。
 
浦部 そう思っていただけるお客様のお力になれるように、店頭販売時は手入れ方法も丁寧にご説明しますし、ホームページでも育成管理の情報を随時掲載しています。また、ご購入していただいたお客様のお宅を訪問して、手入れやアドバイスを行うアフターサービスも実施しています。
 
畑山 僕のような初心者には非常に助かるサービスだと思います。マニアックなお店って、どうしても敷居を高く感じがちですからね。でも、これだけサポートが充実していれば、事前の知識がなくても安心して買いに行けますよ!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事