B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

重度訪問介護サービスで 利用者と家族に“快護”を
株式会社健助/ホームケア人助 代表取締役 山之内健司

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 株式会社健助さんでは、重度訪問介護事業所のホームケア人助を運営なさっているとのこと。山之内社長が、この事業を立ち上げるまでの経緯をお聞かせください。
 
山之内 私は前職ではWebマーケティング会社を経営者していました。親戚の介護に携わった経験がきっかけで、「もっと社会に貢献できる仕事をしたい!」と思い立ち、資格を取って、当事業をスタートさせたのです。
 
畑山 ご自身の介護体験が元になっているんですね。マーケティング業界では経営者としてキャリアをお持ちだったものの、畑違いの介護福祉業界での独立となると、戸惑いもあったのでは?
 
山之内 前職の経験で「何をやったら事業が成功するか失敗するか」の感覚を養っていたので、大きく迷うことはなかったです。競合自体も少ないニッチな分野のため、工夫次第で何とかなるだろうと、意外とポジティブでしたね(笑)。
 
畑山 経営者経験に裏打ちされた自信がおありだったのですね。あらためて、御社のサービス内容を詳しくお聞きしましょう。
 
glay-s1top.jpg
山之内 弊社は、筋ジストロフィーや、ALSと呼ばれる筋萎縮性側索硬化症、脳性麻痺、脊髄損傷など重度の障害があって常時支援を必要とされる方を対象に、食事や排せつ、喀痰吸引といった訪問介護サービス全般をご提供しています。
 
畑山 幅広いサービス内容ですね。しかも長時間のサポートが必要そうです。
 
山之内 おっしゃる通りで、利用者様やご家族と距離が近くなる分、専門知識はもちろんコミュニケーション能力も大事になってきます。「利用者様の人生の景色をより良いものにしたい」という理念のもと、お一人おひとりにどこまでも寄り添う介護を実践しているんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事