B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

特性に応じたサポートで 親子の困りごとを解消
まちるど 代表 木村知子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 本日は神戸市中央区で学習障害や発達障害のある子どもに特化した個別学習支援教室「まちるど」の木村代表にお話をうかがいます。特に理解されにくい読み書き障害と算数障害へのサポートに力を入れているそうですね。まずは教室開校までの歩みから教えていただけますか。
 
木村 私は大学を卒業後、企業の人事・総務部門で働く傍ら、外国からのお客様の通訳・英文契約書の翻訳業務を行っていました。得意な英語を生かしながらスキルアップもできる、楽しい毎日でしたね。その後、日本人の方を海外に送り出す仕事に転職し、業務を通じて日本人が英語に強い抵抗感を持っているのだと気付かされたのです。日本人はシャイで、海外で自分の英語を話すことを恐れている方が本当に多いと感じました。
 
狩野 わかります! 私自身、英語の正しい発音をすることがなんだか恥ずかしく感じてしまい、あえて日本語っぽい発音にしてしまいますから。
 
木村 でも皆さん、実際に海外で働き出したら、問題なく話せる方がほとんどでした。だったら、幼少時から英語や異文化に触れておけば、もっと自然に話せるのではないかと思い、2015年に英語教室を開校したんです。ただ、実際に英語教室を開いて子どもたちを教えていると、じっと椅子に座っていられない子、話を聞けない子が想像以上に多くて驚きました。そこで、これは語学の問題だけではない、もっと根本的な対応や支援が必要だと痛感しまちるどを立ち上げたのです。
 
glay-s1top.jpg
狩野 英語の話に限らず、日本人って周りから浮くことを極端に嫌がります。だから、みんなと同じ授業についていけない子やその保護者はすごく困るんですよね。私としては、何かがまったくできなくても、別の得意なことがあればいいと思うのですが。
 
木村 本当にそうですね。そこで、まちるどでは、まずは「できた!」を増やし、自己肯定感を育てる指導に重きを置いています。一般的な学習指導ではなく、発達障害やグレーゾーンの子どもたち各々の特性とパーソナリティに合わせたオンリーワンの指導です。保護者の皆さんとも協力し、豊富な知識と経験を持つ専門家の立場からさまざまな方法を提案しています。