B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

アストンマーティンで 充実したカーライフを
株式会社ハル・コーポレーション 代表取締役 藤﨑晴史

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 嶋大輔(タレント)
嶋 新車・中古車の販売や買い取り、自動車用品販売や車検・点検、板金修理など自動車関連事業を手がけておられる株式会社ハル・コーポレーションさん。イギリスの最高級スポーツカー、アストンマーティンを取り扱っていると聞き、楽しみにしてきました! まず、藤﨑社長の開業までの道のりを教えてください。
 
藤﨑 若い頃から車が好きで、外車ディーラーで働いていた時にアストンマーティンを専門にするディーラーからお誘いいただきました。当時、日本国内にアストンマーティンのディーラーは約3店しかなく、販売スタッフも10名ほどしかいなかったんです。その後、マネージャーとしてアストンマーティン取り扱い歴、約17年の経験と、それまでの輸入車取り扱い歴を含めれば約30年の経験を経て、昨年の2021年に弊社を立ち上げました。
 
嶋 当時のアストンマーティンの販売スタッフはたった10名ほど。その中の1人というキャリアはすごいですね。
 
藤﨑 今はEランニングというネット配信研修になっていますが、当時はイギリス本国でサーキットを走るなど性能テストの研修を受けるのです。何度も英国に行ってハイスピード走行するトレーニングもあり、とてもよい経験ってなっていますね。
 
 さすが世界最高峰と呼ばれる車だ。夢があるなぁ。現在はどのような車を販売されているのでしょう?
 
藤﨑 基本的に外車を取り扱っていて、特にアストンマーティンの買い取り、販売には力を入れています。長年扱ってきた専門知識と私ならではの多くの引き出しがあるので、厳選して本当に良いものだけを仕入れています。個人的にも強みとしては、私自身がカスタムするなど自ら車に触れてきた経験があることですね。自動車レースにも参加していたため、車の挙動や性能の話をする際に、信憑性を持っていただけるのだと思います。
 
glay-s1top.jpg
 お話を聞いているだけでわくわくする! 私もこれまでに好きな車に乗ってきました。その中でも、アストンマーティンは一生に一度は乗りたい車です。
 
藤﨑 それは光栄です。アストンマーティンはモデルによっては特殊な構造で、スムーズに乗るためのコツが必要です。愉しみながら壊さないための乗り方をお伝えできるのが、長年の経験をした私の強みだと思っています。私は普通の取扱説明書に載っていない取扱説明書を、知識として持っているんです。ご納車時にはその予備知識をお伝えしてご納車しています。ドアの開け方から閉め方までレクチャーしますよ(笑)。お客様もそのような予備知識を備えておくのとないのでは安心感がまったく違いますし、アストンマーティンライフを楽しんでいただくために、私にしかできないことの一つだと思っています。