B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ケアから悩み相談まで
犬と一緒に幸せになる店

 

動物たちが不幸な境遇に陥らないために

 
glay-s1top.jpg
吉井 ぜひ、今後の目標をお聞かせいただけますか?
 
土屋 殺処分されるワンちゃんを一頭でも減らしたいという思いがあります。イメージしているのは、専門学校時代にお世話になった師範の方から聞いたドイツのティアハイムという施設でして。殺処分ゼロの施設で、すべてのワンちゃんが幸せに暮らしているそうです。同じような施設をつくるのは無理でも、現在のビジネスモデルを変えることでワンちゃんの幸せにつながる活動ができると考えています。
 
吉井 ワンちゃんが殺処分されるのは悲しいです。先ほどお聞きしたパピーパーティの開催なども、目標に近付くきっかけになりそうですよね。
 
土屋 そうですね。今考えているのは、そのパピーパーティの対象を子犬だけでなく成犬にまで広げることや、飼い主さん同士が情報交換できる場所を設けることなどでしょうか。また、当サロンが運営するドッグスクールも開校したいです。あと、究極の夢もあるんですよ。山を一つ買って、ドッグランやドッグホテル、人が泊まるホテルなどが1ヶ所に集まったワンちゃんのための統合リゾートをつくれたらと思っています。
 
吉井 それはすごい! かなり壮大な夢ではあるものの、実現したら感激しますね。でも、なぜ土屋代表はそこまでワンちゃんに対して献身的になれるのですか?
 
土屋 過去の経験がきっかけです。昔、私はIT関係の会社でシステムエンジニアとして働いていたものの、仕事がハードで体を壊して退職することになりました。当時は精神的にすごく落ち込んでいまして。そんなときに偶然家族が犬を飼い始め、とても癒やされました。そこからどっぷりワンちゃんの世界にはまり、仕事にしたいと思ったのです。
 
吉井 ワンちゃんに人生を救われたんですね! それで、一緒に暮らす楽しさをほかの方にも伝えたい、飼うためのサポートをしたい、と思われたと。
 
glay-s1top.jpg
土屋 はい。そして何より、自分を助けてくれたワンちゃんに恩返しがしたいとの気持ちがあります。ですから、これからさらに本腰を入れていきますよ。
 
吉井 本当にワンちゃんへの愛情が溢れていますね! 飼い主としては、いろんな相談に乗ってもらえる土屋代表のような方がいると助かるし、信念の強さにも感化されましたよ。私も普段、自分のワンちゃんと過ごすときにマイナスに作用することをしていないか、自分の姿勢を見直そうと思います。今日は貴重なお話をありがとうございました。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事で真剣に遊ぶことです。ゲームをクリアするように、でも真剣に。そのスタンスで仕事を楽しんでいます。常に「もっとワンちゃんのために良くできないか?」と考えながらチャレンジを続けていきたいですね。
(土屋敬右)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 こめたろうハウス
■ 所在地 〒194-0001 東京都町田市つくし野2-30-6
■ 事業内容 トリミング/ペットホテル/トレーニング
■ 創業 平成25年4月
■ 従業員数 1名
■ 主な取引先 有限会社エリール/有限会社エースアンドエース/株式会社 AsoboLabo
■ ホームページ https://www.kometaro-house.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事