B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

建設業の見積りを効率化 組織を助けるコンサル業
株式会社EmpowerUs 代表取締役 額賀達也

 
プロフィール 神奈川県出身。大学卒業後、(株)リクルートジョブズ(現リクルート)に入社。中小企業向け採用管理システムの新規導入や大手企業担当者への営業などを経験。2020年に(株)レアジョブに転職して営業戦略の策定、研修・育成、業務改善などに携わった。同年に独立し、(株)EmpowerUsを設立。営業組織に向けたコンサルティングのほか、建設業界の見積もり作業の効率化を実現するシステムの開発・販売に取り組んでいる。【ホームページ
 
 
 
株式会社EmpowerUs(エンパワラス)の額賀達也代表取締役は、日々発生する大量の事務作業に頭を悩ます中小企業に寄り添い、その解決に向け一緒に試行錯誤することをいとわない、強い信念に支えられたコンサルタントだ。建設業界の過酷な見積業務に対して、AIを駆使した大幅な自動化・効率化ができるシステムの開発に乗り出し、着実な成果を挙げている。そんな額賀社長に新システムMikata(ミカタ)の話を中心に語ってもらった。
 
 
 

面倒な事務作業こそ過度な残業の原因

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 嶋大輔(タレント)
 世田谷区に拠点を置く、株式会社EmpowerUsの額賀社長。企業へのコンサルティングとシステム開発および販売が事業のメインとうかがっています。
 
額賀 はい。弊社では、企業の中の、特に営業組織における課題解決のニーズにお応えして、営業戦略の策定から人材育成まで、さまざまな面でのコンサルティングを行っています。また、中小の建設会社に向けた独自の業務効率化システムを構築中です。こちらはまだ開発途上ながら、利用できる部分から少しずつ販売を始めているところなんですよ。
 
 システムのほうは建設業界向けと、ターゲットがはっきりしているんですね。額賀社長の前職は、リクルートグループの求人広告を扱う会社だったとのこと。当時の経験が、取り組んでいるシステム開発の動機につながっているのでしょうか?
 
額賀 ええ。リクルート在籍時、たくさんの中小企業のお客様と触れ合い、その職場を客観的に見てきたことで、中小企業の現場の大変さ、忙しさを実感していたんです。
 
 中小企業の大変な職場環境を目の当たりにしてきたと。
 
額賀 そうです。その中でわかったことがありました。例えば、頻繁に夜11時過ぎまで残業するような忙しさが発生している会社があったとします。では、そうなってしまう一番の原因は何かと言えば、一日の主な業務を終えた後に待っている、事務作業にあったんです。かなり面倒な事務に時間を取られ、社員の方が毎日ヘトヘトになっていました。
 
 なるほど。その事務作業の部分を御社のシステムを導入することで解決すれば、社員さんたちの負担も大幅に減るということですね。