B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

困った時は気軽に相談
頼れる身近な街の法律家

 

つらい過去を乗り越え、法律の専門家に

 
glay-s1top.jpg
矢部 高校生になってからはどうなさったのでしょう。
 
坂本 自分に自信が持てたことで勉学を頑張ろうという気持ちも大きくなり、国立大学にも合格し、法律を学ぶようになったんですよ。
 
矢部 それで大学卒業後に、裁判所書記官になられたと。では、裁判所書記官を約25年間勤め上げたのち、行政書士になろうと思われたきっかけはなんだったんでしょうか?
 
坂本 依頼者の方に対して、より自由な立場で力になりたいと思ったからです。先ほども言ったように、裁判所の窓口対応をしていると、さまざまな法的トラブルでお悩みの方が多くいらっしゃいます。ただ、窓口業務は、手続教示の範囲内という公正中立が大原則です。相談に訪れる方に、必要以上に丁寧に接すると、その方に肩入れしていると思われ、公正中立性が損なわれる恐れがあります。ですから、お困りの方の立場での法務相談はできないというジレンマがあったんですよ。
 
矢部 確かに、裁判所では中立性を保つための義務や制限などは厳しいように思います。
 
坂本 もちろん、やりがいはありました。でも今は、職域の範囲内で何でも積極的にご相談者のお力になれることに対して、前職とは違った大きなやりがいを感じているんですよ。裁判所書記官として多くの案件に携わってきた実務経験やノウハウがありますから、幅広いお悩みにも対応できると自負しています。
 
矢部 坂本代表のご経験は、行政書士としてのお仕事をするうえでも大きな強みではないでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
坂本 そう思いますね。それに経験といえば、私自身がいじめのつらい経験をしてきたからこそ人の心の痛みがよくわかりますし、悩みを抱えていらっしゃる方にも親身に寄り添えると考えています。ですから、いじめ問題など、なかなか身近に相談できる人がいない方でも、気軽にご相談いただきたいですね。
 
矢部 気持ちがわかってくれる人に気軽に相談できるのは、お悩みを抱えた方にとっては本当に心強いと感じます!
 
坂本 そう言っていただけると嬉しいですね。私は、自身の名刺にも記載している通り「街の身近な相談役」を目指しています。というのも、何か法的なトラブルが発生したとしても、なかなか気軽に弁護士に相談しようと思える方は、一般的に少ないのではないかと思うんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事