B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

伝統と革新が共存する 挑戦し続ける工務店
稜美工務 代表 伊東宏樹

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 リノベーション工事や店舗工事を手がける稜美工務さん。伊東代表は、私と同い年で家族構成も似ているとお聞きしましたので、親近感が湧いています(笑)。屋号の由来は何かあるのでしょうか?
 
伊東 「稜」は長男、「美」は長女の名前から取っています。長男は今、愛媛にある松山聖陵高校に通い、野球に打ち込んでいるところなんですよ。私も息子の影響で、地元の少年野球チームのお手伝いなんかをしていたこともありますので、狩野さんにお会いできるのを楽しみにしていました。
 
狩野 松山聖陵高校といえば強豪だ! いつか甲子園で息子さんとお会いできたら嬉しいですね。ところで伊東代表は、建築業界は長いのですか?
 
伊東 17歳のときに建築業界に入り、24歳のときに独立しました。この業界一筋、今年2021年で20年近くこの仕事に携わっていますね。ありがたいことに、これまで仕事が途切れたことがなくて。紹介やご縁で、常に忙しくさせてもらっています。
 
狩野 景気に左右されることなく、常に順調にお仕事が入ってくるというのは素晴らしいですね。Webサイトも拝見しました。いい意味で工務店らしくないスタイリッシュなイメージでおしゃれですよね。
 
伊東 Webサイトは、設計事務所をイメージしたんです。実際、請け負う工事の設計は設計士さんにお願いするケースが多いんですよ。私がプランニングをして、それを設計士さんに発注し、一緒に考えていくというスタイルで、お互いにアイデアを出しつつ、お客様に良いものを提案していきたいと考えています。
 
狩野 野球と同じようにチームワークを大切にしながら、お仕事をされているんですね。
 
glay-s1top.jpg
伊東 最終的にお客様のニーズに合わせた仕事をするというのが一番の目的です。しかし、そこに至るまでの過程は、顧客ファーストというよりも、つくり手に重きを置いています。これまでさまざまな案件を手がけてきた実績のある職人さんが仕事をしやすいように心がけているんです。職人さんが楽しく仕事ができれば、結果的に良いものが完成し、それがお客様のニーズに応え得る仕上がりになるというのが、私の考えなんです。
 
狩野 なるほど、一緒に仕事をする職人さんを信頼し、しっかりとコミュニケーションを取れているからこそできることですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事