B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ビル・ホテル清掃のプロ 空間除菌の新商品も展開
ベルバリュー株式会社 代表取締役 杉原佳樹

 
プロフィール 兵庫県出身。損害保険会社の営業職から清掃業の世界へ転身し、2018年にベルバリュー(株)を設立。清掃業務全般を行い、中でもビルや店舗の定期清掃、ホテルの客室清掃などで実績を重ねる。最近はコロナ禍の消毒・感染症対策にも積極的に取り組み、病院やホームセンターを中心に重要が高まっている。最新の空間除菌剤を業務用に活用したOXIDER®️PROSYSTEM(オキサイダープロシステム)の販売も開始した。【ホームページ
 
 
 
兵庫県尼崎市のベルバリュー株式会社は新進の清掃会社だ。杉原佳樹代表取締役が信頼できるスタッフたちと開拓してきたフィールドは、ビルや店舗、ホテル、病院、ホームセンター、カーディーラーと幅広い。定期清掃に365日休みなしの客室清掃、そしてウィズコロナ時代に対応した空間除菌剤の販売と、開業から3年で飛躍的な発展を遂げた同社の歩みとこれからについて、杉原社長にたっぷりと語ってもらった。
 
 
 

ビルの定期清掃やホテルの客室清掃がメイン

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 兵庫県尼崎市に拠点を置く清掃業がご専門の会社、ベルバリュー株式会社の杉原社長。以前は損害保険会社にお勤めで営業担当だったそうですね。清掃というまったく違う業界で独立したきっかけは何だったんですか?
 
杉原 会社勤めをしていた母親が60歳を機に独立して、ハウスクリーニングの会社を起業したんですよ。西宮市の夙川や苦楽園で順調に業績を挙げて、清掃業は人の役に立ついい仕事だよ、と私に耳打ちしてきましてね。
 
狩野 活動力のあるお母さまですね。それで自分もやってみようと?
 
杉原 はい。私も、もともと独立したい気持ちはありましたが、どんな仕事で勝負するかまでは頭になかったんです。それが、母といろいろ話すうちに、清掃業なら景気に左右されないし、人から感謝もされるから一番いいのではないかと思って、2018年にベルバリューを設立しました。
 
狩野 世の中がどっちに転んでも、清掃の需要はなくならないでしょうからね。それでは、業務内容を詳しく教えてください。
 
杉原 官公庁の施設や商業ビルや店舗の定期清掃、ホテルの客室清掃などがメインです。コロナ禍以降は、病院やホームセンター、カーディーラーなどの消毒・抗菌・感染症対策で忙しくなりましたね。あと最近は、二酸化塩素を用いた空間除菌剤の販売も始めています。
 
狩野 一口に清掃業といっても幅広いですね。昨今の消毒作業もどんな人たちがやっているんだろうと思っていたので、御社のような業者さんが手がけていることを知り、ひとつ勉強になりました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事