B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

風通しの良い社風で 警備の安全意識を徹底!
健誠警備株式会社 代表取締役 脇之薗健二

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宍戸開(俳優)
宍戸 静岡県浜松市の健誠警備株式会社さんにお邪魔しています。さっそく、脇之薗社長のご経歴から教えてください。
 
脇之薗 私はもともと警備会社に勤務していまして、そのノウハウを生かし、2016年に独立しました。その際、同じ会社でベテラン警備員だった父も力を貸してくれまして、社名の「健」と「誠」も、私と父の名前から付けたものなんですよ。現在は、新幹線を含むJR東海の線路工事を警備する列車見張り、工事現場・イベント会場などで人や車の安全を守る交通誘導、雑踏警備を柱に事業を展開中です。
 
宍戸 列車見張りでは、具体的にどんなことをするのでしょう? 
 
脇之薗 電車の接近や通過を正確に伝え、工事員さんの安全を確保するため現場に帯同するなどします。これを行うにはJRが定めた資格が必要でして、弊社のスタッフは半数以上が厳しい試験を突破した有資格者です。もちろん、私もこの資格を持って現場に出ていますよ。
 
宍戸 それは素晴らしい。やはり、警備のお仕事で最も大事なのは安全ですよね。
 
脇之薗 ええ、弊社でも現場までの行き帰りで安全運転を心がける十ヶ条を掲げたり、毎月スローガンをつくったりして「警備=安全」という意識を高めています。そのために欠かせないのがチームワーク。弊社は仕事の愚痴や悩みなど、どんなことでも私に話せる働きやすい社風で、スタッフの離職率も低いところが自慢の一つなんですよ。
 
宍戸 皆さんの安全を守るためにも、風通しの良い組織をつくり上げることは重要だと思います。脇之薗社長も、大勢の方に感謝される警備のお仕事にやりがいを感じていらっしゃるでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
脇之薗 もちろんです。何事もなく一日の警備が終わると大きな達成感がありますね。また、今年2021年秋から弊社は私の娘が通っている保育園の工事を警備することになりました。仕事中、娘に「パパだ!」と呼ばれると困るので私自身は現場に行きませんが、仕事帰りに制服で迎えに行くと、周りの園児が「かっこいい」「こういう服を着たい!」と言ってくれるんですよ。そういう瞬間は思わず嬉しくなってきます(笑)。今後は弊社も静岡県を飛び出して、さまざまな地域に支社をつくり事業を広げようと考えていますので、これからも、自分がどこまでできるのか、挑戦を続けます!
 
宍戸 素晴らしい心意気ですね。ますます子どもたちに憧れの目で見られる存在になるよう、御社のさらなる成長を私も楽しみにしています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
いろいろ人としゃべったりコミュニケーション取ったりして、輪を広げることが、私にとっての一番の楽しみですね。
(脇之薗健二)
 

:: 企業情報 ::

健誠警備株式会社

〒432-8001 静岡県浜松市西区西山町808-17

ホームページ
https://www.kensei-s.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事