B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

切削加工大会で受賞多数
高い技術力の試作品加工

 

未経験の新人を採用し人材育成も始める

 
glay-s1top.jpg
八木 御社が、技術の向上をしやすい環境を整えられていることで、技術者の方たちのチャレンジ精神も、ますます高まる一方でしょうね!
 
西田 おかげさまで、弊社はその後も切削加工ドリームコンテストでは2008年に「たまごの殻ART」で金賞、2010年に「行灯」で芸術賞、2015年に「サクソフォン・マウスピース」でアイディア賞をいただくことができました。他にも、2009年に「元気なモノ作り中小企業300社」「KANSAI モノ作り元気企業100社」に選定され、2016年には「京都中小企業優良企業」として表彰されるなど、私たちは試行錯誤を繰り返しながら挑戦し、会社としてバージョンアップを続けているところです。
 
八木 素晴らしい功績ですよ。それでは、あらためて西田社長のポリシーや将来の展望をお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
西田 弊社の強みは、大手では請け負うのが難しい一品一様の試作部品や小ロットの精密部品を加工できることです。ですから、今後もお客様とじっくりとお付き合いしていきながら、常に寄り添って走り続けるつもりです。また、お客様から注文いただいた加工をこなすだけでなく、お客様の頭の中に生まれたイメージを具現化し、実際に商品として販売されるところまで伴走することが、弊社の目標の一つです。
 
八木 製造業は野球とよく似ています。一人ひとりの職人が技術を高めることが大事であるのと同時に、チームとして勝ち続けるには全員の結束力も重要ですよね。西田社長は人材の育成についてどのようにお考えでしょうか。
 
西田 これまで弊社は、経験者の中途採用に注力してきました。しかし、今期はいよいよ未経験の方を採用し、育成を始めていく予定なんですよ。弊社の主力は30代・40代の技術者です。その彼らも、若い人に教えることで、ひと回りもふた回りも大きくなってくれると思いますので、未経験者ならではの新しい発想も柔軟に取り入れて、会社をますます躍進させるつもりです!
 
八木 ものづくりの世界は日進月歩です。新しい技術を身に付けるのは大変なこと。しかし、その困難な作業に挑戦し続け、約70年の歴史を積み上げてきたのが御社のお姿だと思います。これからも、時代の変化に対応し、オンリーワンのものづくりを続けてください。そして100年、200年といつまでも事業を継続していただきたいですね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
少し背伸びをして挑戦する時こそ、苦労を重ねて完成した後の喜びが大きいものです。困難を乗り越えていくほど、人は成長していけるものだと思いますよ。
(西田裕子)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 有限会社日双工業
■ 本社 〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川77-1
■ 事業内容 試作・研究開発支援/一般部品加工/リバースエンジニアリング/ものづくりサポート
■ 設立 昭和28年5月
■ 従業員数 9名
■ ホームページ https://nisso-k.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事