B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

保険を使った住宅補修で
大切な家を長持ちさせる

 

火災保険をフルに使った工事を提案

 
glay-s1top.jpg
 それでは業容などについて、詳しくおうかがいしていきましょう。御社ではリフォームや建物診断のほかにも、保険を使った住宅補修や修繕の提案を行っているそうですね。
 
斎木 おっしゃる通りです。特に最近は家を安く建てることができただけで満足してしまう方が多いため、住まいを長持ちさせるべく、補修や修繕のご提案を行う際はちょっとした不具合でも早めに手当てをする重要性をしっかりとお話しするようにしていますね。
 
 人間の怪我や病気と同じで、家も少しの不具合を放置しておくと後々ひどい状態になりかねません。それなら早めに補修や修繕をしておいたほうが良いですよね。ただその場合は、完全に壊れたものを直すわけじゃありませんから、そんなにお金をかけたくないという人もいる気がします(笑)。だからこそ、保険を使った工事に興味を持つ人は多そうですよね。実際にはどんな保険が使えるのですか?
 
斎木 代表的なものでいうと、例えば火災保険や家財保険がありますよ。
 
 火災保険ですか!? 火事被害に遭ったときじゃないと使えないのではないですか?
 
glay-s1top.jpg
斎木 確かにそう思いますよね(笑)。しかし、そもそも損害保険とは、“突発的”に“偶然”、被保険者の身体・財物に“外部からの作用”による被害を補償するもので、適用範囲は意外と広いんですよ。なので火災はもちろん、落雷や風災、水害などの自然災害による損害にも適用可能なんです。例えば突風でドアが煽られて開け閉めがしづらくなった場合の補修工事や、雨風で外壁が傷んだ際の修繕工事なども、火災保険の適用対象となりますよ。ちなみに家財保険も、決して家具や家電だけが補償対象となっているわけではありません。極端な例にはなるものの、お客様の中には、家のドアノブに引っかけて破れてしまったスーツを直す費用に、家財保険による保険金が給付されたという方もいらっしゃいました。
 
 このような保険の活用方法を知っているのといないのとでは、まるで違いますね。それにしても斎木社長は、さすがは元金融マンです! 保険の知識、そして住宅関連の知識を、今の仕事に活かしていますね。
 
斎木 ありがとうございます。仮にこれらの保険が適用外となる事例でも、自治体が支援してくれる場合もありますし、低金利のリフォームローンをご案内することもできます。私がこうした金融や保険に関する制度や情報を周知することで、転ばぬ先の杖とでも申しましょうか、一人でも多くの方の財産を守ることにつながればと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事