B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

マンションの電気設備を 安全にリニューアル!
株式会社コーシン 共同代表 大河内功

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 近畿一円で、分譲マンションの電気設備リニューアル工事を手がける株式会社コーシンさん。事業内容を私にもわかるように教えていただけますか。
 
大河内 マンションの建物を人間の体に例えると、コンクリート等の構造体は骨格、給排水設備や電気設備は血管・神経に相当します。しかし、給排水設備の不具合は水漏れなどですぐわかるのに、電気設備は目に見えないため見過ごされがちなんです。知らないうちに漏電したり過大な電流が流れたりして、停電や感電、火災などの事故に至ることがあります。弊社の役目は、そうした危険性のある古いマンションの電気設備をリニューアルすることなんですよ。
 
八木 なるほど、まさにマンションのドクターですね。でも、管理組合の方々は電気に詳しいわけではありません。設備を更新する重要性や工事内容を伝えるのも大変でしょう。
 
大河内 八木さんのおっしゃる通りです。そこで弊社は、詳細な現地調査を踏まえて図やグラフ、写真を豊富に使ったビジュアル的に見やすい資料を作成して、理事会等に出席しご説明しています。もちろん、人間の体が一人ひとり異なるようにマンションの構造もそれぞれに特徴があります。そこで、資料も案件ごとに一から作成していくんですよ。
 
八木 それは素晴らしい。とても丁寧でご親切な対応に驚きました!
 
大河内 ありがとうございます。この仕事は経験した現場の数がものを言うんですよ。私は気が付いたら、業界に入って今年2021年で50年になります。現在この仕事は分業化が進み、私のように営業・設計・施工とすべての業務をこなしてきた人間はほとんどいなくなりました。
 
glay-s1top.jpg
八木 貴重な経験を積んでこられた大ベテランなんですね。大河内社長の原動力はどこから来ているんですか?
 
大河内 この仕事を追求できた原動力は楽しさなんですよ。これまで時間や施工内容など制約の厳しい現場もたくさん経験してきました。その中でもいかに「鮮やかに納める」かをモットーに挑戦してきた結果が今につながっていると思います。
 
八木 「鮮やかに納める」とは深いお言葉です。とてもお元気な大河内社長には、半世紀のキャリアを超えてさらなる高みを目指していただきたいですね。私も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
どう「鮮やかに納める」のか工夫することです。信念を持って、いただいた仕事を達成することにおもしろさ、楽しさを感じています。
(大河内功)
 

:: 企業情報 ::

株式会社コーシン

〒569-1142 大阪府高槻市宮田町2-30-13

ホームページ
http://koshin-denkikoji.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事