B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

炭素繊維加工の技術で 日本のものづくりに貢献
宇佐美制研 代表 宇佐美秀樹

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 小倉隆史(サッカー元日本代表)
小倉 名古屋市の宇佐美制研さんにお邪魔しています。赤外線ヒーター温調制御システムの設計・販売を手がけていらっしゃるとうかがいました。さっそく、宇佐美代表の歩みを紐解きながら詳しく教えていただけますか。
 
宇佐美 もともと私は工場の設備を電気的に制御する仕事に就き、その後、プラスチックシートの成形機械を製造する会社に転職しました。わかりやすくご説明すると、コンビニやスーパーでよく見るお弁当の容器を、仕様通りに成形する機械を設計・開発する仕事です。赤外線ヒーター温調制御システムの設計や販売を始めたのもこの会社からでして。やがて独立心が芽生えた私は、社長の理解もいただき、今年2021年2月に弊社を創業しました。
 
小倉 技術者でありながら販売も手がけるとは見事な対応力ですね。それで、赤外線ヒーター温調制御システムとはどのようなものなのでしょう。
 
宇佐美 小倉さんも「炭素繊維」という言葉をお聞きになったことがあるかと思います。炭素繊維を布のように織った段階では、強度が弱くペラペラのものにしかなりません。プラスチックを混ぜて炭素繊維強化プラスチックにする必要があるんです。そして、この過程で炭素繊維とプラスチックを適正な温度で加熱するのが、赤外線ヒーター温調制御システムです。
 
小倉 炭素繊維強化プラスチックはとても頑丈な素材だと聞いています。製造過程では加熱するための細かい調整が求められるわけですね。
 
glay-s1top.jpg
宇佐美 おっしゃる通りです。炭素繊維・ガラス繊維などの複合材シートやプラスチックなどの熱可塑性樹脂シートを赤外線ヒーターで加熱するには、シートの材質・厚み・成形に適した温度で制御しなければなりません。私たちの業務は、この赤外線ヒーターと制御装置の技術を開発し、装置メーカーさんにご提供することなんですよ。
 
小倉 炭素繊維強化プラスチックは、さまざまな分野で使われているそうですね。
 
宇佐美 そうですね。現在はまだまだコストが高く、金属をプレス加工するように簡単に成形できるものではないことから、航空機や高級自動車などに利用されています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事