B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

工場を陰で支える建設業
設備洗浄や建屋補修も

 

若手のモチベーション向上に力を入れる

 
glay-s1top.jpg
駒田 依頼には可能な限り何でも対応してくれるという御社には、お客さん側からすれば、きっとすごく助かっているでしょう。ただ、御社はそのぶんどんどん忙しくなっていると思います。
 
三田 ありがたいことに多くご依頼をいただいております。人員が今まで以上に必要になってきますし、現在は若手が満足して働ける環境づくりに力を入れているんですよ。案件が多ければそれだけ売り上げも増えますし、頑張ってくれた若手にもしっかりと利益を還元して、モチベーション向上につなげていますね。特に最近はベテラン勢が退職してしまったので、限られたメンバーで一丸となって、踏ん張っているところです。
 
駒田 三田社長はとても温厚で優しそうな印象です。若手の育成の中で、ときに厳しい言葉をかけることもあるのでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
三田 むやみやたらに叱ることはありません。ただ、少しでも気が抜けていると感じた場合は、厳しくせざるを得ない場合もありますよ。一瞬の気の緩みが事故につながりかねませんからね。弊社は作業中に怪我をしないということを何よりも大事にしているため、気を引き締めて臨むことを徹底しています。
 
駒田 三田社長のお話をうかがい、読売ジャイアンツで一軍投手チーフコーチ補佐を務めている桑田真澄氏と似ていると思いました(笑)。彼も怒っている表情を想像できないくらい、いつも穏やかで優しいものの、ときとして指導の最中にヒートアップすることがあるそうなんです。ただそれも、上達してほしいからこそなんですよね。三田社長も若手の成長を願うからこそ熱くなるのだと思いますし、そういう一面を持っているとわかって親近感が湧きました。それでは、今後の目標について聞かせてください。
 
三田 従業員が頑張ってくれているおかげで、「きれいに仕事をしてくれる」とお客様から評価をいただけています。それを今後も継続できるよう、社長としてサポートしていきたいですね。また今以上に業務を拡大していけたらと思っています。そのためにも若手の育成をさらに進めていき、いずれは彼らに現場を任せたいですね。やるべきこと、したいことはたくさんあるものの、焦らずに一歩一歩着実に叶えていきます!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
常に挑戦し続けて、自分の成長を感じられたときに楽しいと思えます。
(三田芳晴)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社大村建設
■ 本社 〒210-0862 神奈川県川崎市川崎区浮島町8-1
■ 事業内容 施工/クリーニング/土建/塗装
■ 設立 昭和38年12月
■ 従業員数 14名
■ 主な取引先 ENEOS NUC株式会社
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事