B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

選手を世界に送り出す!
本当に上達するテニスクラブ

 

本格的なテニスクラブを立ち上げるため独立

 
glay-s1top.jpg
濱中 それはすごいです。房本社長にとって、テニスとの出合いは必然的な運命だったのかもしれませんね。それでお仕事もテニス関係に?
 
房本 そうですね。テニスを始めて2年後の21歳からアルバイトでコーチを始め、大学卒業後はコーチを務めていたテニススクール委託運営会社に就職しました。そうして指導者人生を始めたものの、実を言うと私は、最初から大きな疑問を感じていたんですよ。というのも、私はテニスを始めてわずか2年でコーチになりました。濱中さんは、そのことをおかしいと思いませんか? わずか2年の経験でコーチなんて、野球の世界なら考えられないことですよね。
 
濱中 言われてみれば確かにそうですね。野球の世界では考えられません。
 
房本 ほとんどのテニススクールは名ばかりの学校で、その実態はサークル活動を楽しむためにあるようなものなんです。そのため、本格的な技術指導には力を入れていないところが多いんですよ。それで、2年くらいのキャリアでコーチを任せてしまっている。そういう実情があったため、私は本格的なテニスクラブを立ち上げるために、1994年に独立したんです。今年2021年で弊社は27年目、私のテニス人生も40年を越えました。それでも、まだまだテニスに対して発見することは多く、その奥深い世界にずっぽりはまっています。
 
濱中 ダイエット目的だったテニスが、今や生涯のパートナーになっているわけだ。それでは、A・CUBE TENNIS CLUBさんならではのレッスンコースや指導内容を教えてください。
 
glay-s1top.jpg
房本 まず、初心者から上級者まで楽しくテニスに取り組みながら上達を目指す「エンジョイコース」は男女を問わず受講できます。「レディース トーナメントコース」は大阪女子テニス連盟や関西レディーストーナメント、各市民戦等の大会に出場する女性を対象にしたコースです。1回の指導も100分とたっぷり時間を割いていますよ。どちらのコースもビデオでフォームや試合内容をチェックするなど、技術を磨くことができるんですよ。
 
濱中 テニスを始める年齢は、どんどん下がっていると聞いたことがあります。お子さんのためのコースもあるのでしょうか。
 
房本 はい、もちろんです。当クラブの「ジュニア・キッズコース」には4歳のお子さんも参加していますよ。テニスに欠かせないフットワークなどの指導に力を入れ、ラケットスポーツならではの面白味を知ってもらうことを重視しています。また、年齢や性別に関係なく実力でクラス分けをしているのもジュニアコースの特徴です。ですから、さらに上を目指すお子様は、特別強化クラスに入ることもできるんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事