B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

職人のプライドをかけて 最適な住宅塗装を提案
シーサーペイント 代表親方 伊波哲也

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪府八尾市を拠点に、外壁・屋根塗装工事などを手がけるシーサーペイントさん。大阪にありながらシーサーとは、インパクトがあって覚えやすい! 伊波代表は沖縄県出身ですか?
 
伊波 はい。那覇市で育ち、高校卒業後に大阪に来て10年間、塗装業を営む親方のもとで修業しました。戸建てやマンション、店舗などさまざまな現場を経験させていただき、あらゆる工法や塗料についてノウハウを培うことができましたね。塗装業界はトータルで30年以上になります。
 
八木 塗装について幅広く学べたことは、伊波代表の糧になっているでしょうね。では、あらためてシーサーペイントさんの業容を詳しくお聞かせください。
 
伊波 外壁・屋根塗装のほか、屋根工事や雨樋修理も行っていますよ。これらの作業は通常、下請け業者さんに丸投げする建築会社が多い一方、私共はすべて自社施工です。屋根の葺き替えや足場の組み立てなどで“応援”を呼ぶことはあっても、絶対に下請け業者さんに現場をすべてお任せすることはありません。下請けや孫請けになると利益率が極端に下がることもあり、割に合わないと手を抜いてしまう業者さんも出てきかねないですからね。
 
八木 そういった裏事情は一般のお客さんはほぼ知らないでしょうから、その姿勢はすごく安心できますし、職人としてのプライドを感じますね。実際はどんな流れで見積もりを出すのでしょう?
 
伊波 お問い合わせいただいた後、ご自宅の状態を目視などで点検し、塗り替えや修理を要する箇所を洗い出します。その結果をもとに、最適な塗料を提案させていただくんですよ。中には遮熱塗料などの性能塗材を使いたいというお客様もいらっしゃいますが、性能が高いぶん価格もかさみます。ですから、建物の状態からその塗料を使わなくても大丈夫だと判断した場合は、「こちらで十分ですよ」と一般的な塗料をおすすめしていますね。
 
glay-s1top.jpg
八木 ご対応に誠意を感じます。そういえばシーサーペイントさんは、独自の工事保証プランを複数導入されているそうですね。
 
伊波 はい。そのうちの一つが「5~13年保証制度」というもので、使用塗料に応じて保証年数を変動させています。塗料によって質や性能がまったく違いますし、一律に同じ年数で保証できませんからね。これは私共が行う塗装工事には漏れなく装備されているんですよ。
 
八木 サービスや取り組み一つひとつから、伊波代表の誠実さや温かみが伝わってきました。今後もぜひ、その姿勢を貫いてくださいね。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様が施工の結果を見て喜んでくださるときが一番嬉しいですね。工事終了後に泣いて喜んでくださったお客様もいらっしゃいましたし、そういう瞬間にやりがいを感じます。
(伊波哲也)
 

:: 事業所情報 ::

シーサーペイント

〒581-0042 大阪府八尾市南木ノ本4-13-2-101

ホームページ
https://shisa-paint.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事