B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

モットーは「楽しく働く」
真心を届ける運送業者

 

愛、真心、誠意を届ける感動のサービス

 
glay-s1top.jpg
水野 コロナ禍の影響でネットショッピングなどの需要が拡大し、同業者も増えていますよね。大手から個人までライバルが多い業界で利益を上げていくのは大変だと思います。ここまで会社を大きくできた秘訣はどこにあるのでしょうか。
 
小村(亮) 「品質重視」という信条が、良い結果につながっていますね。数多くの運送業者からお客様が自由に選べる時代になっているからこそ、弊社は品質にこだわっています。
 
水野 運送業での「品質」とは、具体的にはどんなことでしょう?
 
小村(亮) ご期待以上の感動を味わっていただけるサービスを提供し、すべてのお客様に、愛と真心と誠意を届けることです。そんな運送業界の真のエンターテイナーを目指してもらうように、ドライバーへの指導・教育も徹底しています。
 
水野 「愛と真心と誠意」「運送業界の真のエンターテイナー」と、パワーワードをいくつもいただきました。熱いお人柄が伝わってきます(笑)。
 
小村(真) 本人は気付いていないものの、かなり熱いタイプですよね(笑)。面倒見が良いというレベルを超えて、良すぎるのかもしれません。「そこまでしなくてもいいでしょ、ビジネスなんだよ」と思いながら、時には口に出してしまい、言い合いに発展することもあります(笑)。自分が冷たい人間に思えてしまうほど、社長はとにかく情に厚い人なんです。
 
水野 そこまで小村社長が人に惜しみなく尽くすことができる根底には、どういう思いがあるのか、ぜひうかがいたいですね。
 
小村(亮) 例えば、慣れない環境で働く新人さんは、覚えることが多くて大変で不安も大きいですよね。だから自然と、自分にできることは何でもして力になりたいと思い、全力でサポートしているんです。
 
glay-s1top.jpg
小村真希副社長
小村(真) M&Rの居心地の良さを知ったスタッフは、よそでは働けなくなってしまうかもしれません(笑)。でも、社長を近くで見ていて「人が人を呼ぶ」とはまさにこのことだと思っています。横のつながりが広がり続けているのも、社長の人柄によるところが大きいでしょうね。
 
小村(亮) ネットワークの広がりは、私一人の力ではなく副社長の功績も大きいと思っています。女性スタッフさんの場合、同性が相談に乗ったほうが安心できると思い、副社長に任せていて、しっかり丁寧に話を聞いてくれると、なかなかの評判なんですよ。
 
水野 素敵だなぁ。まさに夫婦二人三脚で会社を切り盛りされているんですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事