B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

デザインを再構築して 空間に新たな付加価値を
Re⁺ Design Lab 代表 永井克典

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 建築の設計やデザインを行うRe⁺ Design Lab(アールイープラスデザインラボ)さん。どんな建築物の設計やデザインをするんですか。
 
永井 私は大阪と広島の2拠点で活動しておりまして、飲食店を中心に、美容室やアパレルショップなどの店舗や商業施設の設計・デザインを行っています。住宅に関しては古民家など、古い建物のリノベーションが主ですね。古い建物は、建築基準法が施行される以前に建てられたものがほとんどで、現代の基準に合わせた改修を行うと現状より悪くなってしまうことがあります。そこで、古い建物を改修するガイドラインを用い、歴史的なデザインや使い勝手の良さなど、優れた部分を活かしつつ、新たな価値を創造するよう心がけてデザインしています。
 
タージン 先人たちが残したものの価値に気付かされることもありそうでおもしろいです。
 
永井 そうですね。私は既存のデザインを再構築し、そこへ付加価値をプラスするという考え方を大事にしています。屋号にある「Re+」には再構築、つまりリコンストラクションと付加価値のプラスの意味を込めているんですよ。ほかにもリノベーションやリサイクルなどの、“再び”という意味の接頭辞、Reにさまざまな意味を含めています。
 
タージン その結果、新たに生まれるという意味の“リボーン”にもなりますね。素晴らしいです。デザインを形にするまでの間に大切にしていることはありますか?
 
永井 やはり、ご依頼いただいた施主様とのコミュニケーションですね。例えば店舗を開業したいという施主様で、ご希望のデザインを具体的にイメージできている方は少ないです。そこで、100個ほどの項目がつくれるくらいに親身にお話を聞き、施主様のイメージを形にしていくんです。
 
タージン そんなに丁寧なヒアリングをするんですか。設計士さんやデザイナーさんと聞くと、敷居が高く相談しづらいイメージがありました。でも、永井代表はとても親しみやすく、話しやすい方ですね。
 
glay-s1top.jpg
永井 ありがとうございます。今後はホテルやクリニック、エステなど新しい分野のデザインも手がけていきたいですね。また、住宅の劣化状況、欠陥の有無などを診断する調査や検査、ホームインスペクションもスタートし、年数を経た建物のコンディションなどの確認もする予定です。
 
タージン 今後も永井代表のデザインで、多くの方に喜んでもらうために頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
デザインは、仕事というよりも趣味のような感覚があります。もともと、空間デザインも自分自身が楽しそうだと思って始めたことです。大変なことや辛いことは多々あります。それでも、「良いものを創ることは楽しい」という気持ちを忘れないように心がけています。
(永井克典)
 

:: 事業所情報 ::

Re⁺ Design Lab

Osaka Hard Lab
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3-1-8-2F

Hiroshima Soft Lab
〒730-0011 広島県広島市中区基町12-5-7F

ホームページ
https://www.replus-dl.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事