B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

安心の物流サービスと
多角的事業で社会に貢献

 

福祉事業や農業にも進出し、社会貢献を

 
glay-s1top.jpg
石黒 相手が何を求めているのか配慮することの大切さと難しさはよくわかります。私もアイドル時代、つんく♂さんに、ラブソングの歌い方からライブでの立ち居振る舞いまで徹底的に指導していただきましたからね。
 
森田 そうでしたか。他業種ながら「ものづくり」という点で共通しているかもしれませんね。
 
石黒 ものづくりは、継続していくには一定の支持が必要なお客様ありきの仕事だと思います。他にも、福祉事業も展開していると聞いていますよ。
 
森田 はい。2000年に、ヤスコーポレーションというグループ会社を設立し、クラフトBOXという就労継続支援B型事業所を起ち上げ、福祉事業にも尽力してきました。先ほどご紹介した加工の仕事でも、才能のある利用者さんが活躍しているんですよ。
 
石黒 一人ひとりの個性と可能性を社会につなげる、素敵な事業ですね。
 
森田 さらに、農業にも進出する準備をしています(笑)。その農作物を使ってのCaféなどにもチャレンジしてみたいと思っています(笑)。6次産業化と地産地消、地域の雇用にもつなげて、いっそう社会貢献的な取り組みに挑んでいきます!
 
石黒 農業まで展開しようとしてらっしゃるとは、森田社長はチャレンジ精神が豊かですね。今後はどのようなことに取り組むおつもりですか?
 
glay-s1top.jpg
森田 経営環境の改善にこれまでも取り組んできたので、その延長として、子育て世代の女性も活躍できるような会社にしていきたいです。弊社では現在、一部の事業所には休日希望日をカレンダーに直接記入してもらうシステムを導入していて、今のところ支障もなく事業を運営できていると思います。
 
石黒 口では言いづらい人も多いでしょうから、誰でも気軽に休日希望を書き込めるスタイルは嬉しいでしょうね。シンプルながら、斬新な発想だと思います。
 
森田 ありがとうございます。私は父から、「仕事は情熱。情がなければ人はついてこず、熱がなければ人は聞いてくれない」という教えを受けました。その言葉を忘れず、これからも事業に邁進していきたいです!
 
石黒 今日は、森田社長の事業に対する熱い思いをたくさん聞けて楽しかったです。誰もが働きやすい職場環境づくりや社会貢献にもつながる福祉事業など、今後も森田産業運輸さんが手がける事業から目が離せません。私も応援していますので、頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
常に挑戦を続ける。それが仕事の楽しみですね。
(森田浩史)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社森田産業運輸
■ 本社 〒123-0872 東京都足立区江北3-3-22
■ 埼玉営業所 〒334-0001 埼玉県川口市桜町1-11-37
■ 川口センター 〒334-0062 埼玉県川口市榛松242
■ 事業内容 物流加工業
■ 設立 昭和49年9月
■ ホームページ http://www.mih.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事