B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

懇切丁寧なヒアリングで
障害年金申請をサポート

 

障害者就労支援をきっかけに、独立を決意

 
glay-s1top.jpg
八木 これまでの歩みも気になるところです。もともと、この業界に興味があったのでしょうか。
 
青谷 以前は大手理美容機器メーカーに勤め、社員の保険を扱う部署にいました。年金のことをもっと詳しく知っていれば業務の役に立つかもしれないと、ほんの軽い気持ちで勉強を始めたところ、どんどん興味が湧きましてね。年金のことを学び始めて1年ほどで退社し、社会保険労務士事務所に転職したんです。
 
八木 何とも思い切った決断! 会社として安定している大手企業を退職し、資格職の道に進まれたんだ。ご家族から心配はされませんでしたか?
 
青谷 妻は心配していたと思います。それでも全面的に応援してくれましたね。私自身は、「この道でやっていこう」と決めてからまったく迷いはありませんでした。
 
八木 素敵なご伴侶ですね。転職先の事務所では、障害年金を専門に扱っていたのでしょうか。
 
青谷 そうでもなかったんです。その事務所では、顧問契約した企業の労務相談や給与計算、従業員の社会保険の各種手続きなど、一般的な社労士の仕事がメインでした。ただ、顧問先に障害福祉施設や介護系の事業所が多かったこともあり、障害年金への関心は人一倍強かったんです。そんな中、ある施設から就労支援の一環で障害者の方々を受け入れることになり、副所長から指導係をお願いされまして。私について、誰でも話しやすい人物という評価をしてくださっていたようです。
 
glay-s1top.jpg
八木 よくわかるなぁ。私も、青谷代表には何でも話せそうな気がしますよ。
 
青谷 ありがとうございます。実際、みなさん気兼ねなくいろいろなことを話してくださり、私もこういう仕事が自分に向いているような気がしたんです。そして、「障害年金を専門にして、困っている方の助けになろう」と決めました。
 
八木 青谷代表は本当に話し方が優しくて、物腰が柔らかいですよね。良い意味で、「先生」という感じがしません(笑)。
 
青谷 そう言っていただけて嬉しいです。私としては、基本的に以前営業をしていたときの姿勢と同じなんです。上からアドバイスするのではなく、どんな方にも対等な目線で接することを心がけています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事