B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

自利利他の精神を大切に
ガラス専門の施工会社

 

何事も常に“自利利他”の精神を持つ

 
glay-s1top.jpg
八木 エムジーさんがどのような事業を行っているのかがよくわかりました。そんな御社ならではの強みや特色も教えてください。
 
中谷 まずはなんといっても、何トンものガラス資材をクレーンで吊り上げることができる吸盤機などの機械を所有していることですね。また、用途に合わせてさまざまな機械を使い分けているんです。ここまでの規模の機械を持っている会社は少ないと思います。
 
八木 なるほど。高層ビルや大型施設を中心に施工を行うエムジーさんならではの強みですね。それでは、中谷社長が事業を行ううえで大事になさっていることはなんでしょうか?
 
中谷 それは、社訓にもある“自利利他”の心ですね。自利利他とは、他人の利益や幸せを考えて行動することで、自分も幸せになれるし、それが結果的に自らを利することにもなるという言葉です。それを実践しているおかげで弊社の経営も順調に行えていると思いますし、つい先日も嬉しいことがあったばかりなんですよ。
 
八木 ほう。それは気になりますね。どんなことがあったのか、ぜひお聞かせください。
 
中谷 実は、私は弊社の事業とは別に飲食事業も行っておりまして、沖縄県の石垣島で「焼き肉ちょうしゅう石垣島本店」という焼き肉店を経営しているんです。それで先日、石垣島を訪れた際に、たまたま店に来ていた若者たちに焼き肉をごちそうしたところ、すっかり意気投合しましてね。その後、大阪に帰ってきたときに彼らとまた食事をする機会があり、なんとそこで私の誕生日をサプライズで祝ってくれたんですよ。本当に、いたく感激しまして。
 
glay-s1top.jpg
八木 たまたま知り合った若者たちに優しくしてあげたことが、そのままご自身に返ってきたわけですか! それは嬉しいでしょうね。
 
中谷 ええ。何事も自利利他の精神をもって行動しているからこそ、仕事もプライベートも幸せなんだと思います。もちろん、それは会社やスタッフに対しても同様です。スタッフたちが働きやすい職場環境をつくるためには努力を惜しみません。彼らには作業着をいつも清潔に保つよう呼びかけています。一方で、遅くまで残業しないようにと決めているんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事