B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

食生活の提案を通して
体を内側から健康に!

 

実業団に手紙を送った高校時代

 
水野 古賀社長のご経歴をうかがいたいです。
 
glay-s1top.jpg
古賀 私は高校時代、食物科で学んでいて、卒業後は進学して家庭科の先生になるつもりでしたが、高校2年生の頃に、スポーツ栄養のことを知りました。日本では、その当時「スポーツ栄養」自体マイナーで、スポーツは根性論だった頃です。日本では、ジュニアの選手達が、成長期にきちんとした栄養管理ができておらず、シニアになった時にはケガでボロボロだという現実を知りました。それを知って「なんてもったいないんだろう! 私がなんとかせねば!」と勝手に使命感にかられました(笑)。それから卒業後はスポーツ栄養に関わる仕事をしたいと思うようになりました。しかし、管理栄養士になるくらいしか方向性がわからず、どういう大学にいってどうすればその道に進めるのか情報がまったくありませんでした。当時はバレーボールが大好きだったこともあり、スポーツ栄養の仕事をするならバレーボールチームがいいと考え、実業団のバレーボールチームに直接手紙を出しまくりました。「どの大学にいってどう進めば、チームで働く管理栄養士になりますか? アドバイスをください」というような内容です。
 
水野 おぉ! アクティブですね。手紙を出しまくるなんて、すごいですよ。
 
古賀 今思えば恐いもの知らずの行動でしたね。当然返事は来ませんでした。ただ、1社だけ丁寧に電話で返事をくださった会社があり、それが久光製薬だったんです。そのときは、「そういう仕事をしている人はチームにはいない」とのお答えでした。でもその後、私の高校のバレー部の先生が久光製薬のバレー部総監督と、もともと交流があったようで、私が手紙を送っていたことが先生の耳に入ったんです。それから、先生を通して久光製薬バレー部への入社のお誘いをいただき、大学進学をやめ、久光製薬バレーボール部で働くことにしました。先生には大学進学を強く勧められましたが、大学進学は後からでも取り返しがつくと考えました。
 
水野 すごい! 思いが通じて道が開けたんですね。体調不良やケガなどのトラブルを防ぐためにも、スポーツ選手の栄養管理は大事だと思います。
 
glay-s1top.jpg
古賀 そうですよね。入社後は、選手たちと一緒に寮生活をし、同じように規律の中で生活をし、選手の食事管理を担当しました。献立を考えて買い物をして調理をしていました。総監督からは選手の気持ちを理解するためにも、選手と同じように生活をすることが大切だと言われ、朝食前のランニングも一緒に行ったり、夜練習の球拾いをしたりしていました。今ではいい思い出です。
 
水野 選手の心と体に寄り添いながら栄養管理に取り組まれていたと。お話をうかがって、古賀社長の行動力と積極性はすごいと思いました。高校生の頃から道なき道を果敢に歩み、自分のしたいことを仕事にされたわけですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事