B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

「あなたらしく」を優先 顧客に寄り添うジム
REACH STUDIO 代表 Natsuka

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪市北区、Osaka Metro中崎町駅からすぐの未経験者専門パーソナルジムREACH STUDIO(リーチスタジオ)さん。Natsuka(ナツカ)代表は2019年7月にジムを立ち上げるまで、トレーナーとして1万人以上の女性をサポートしてきた経験をお持ちだそうですね。トレーナーを目指したきっかけを教えてください。
 
Natsuka 私はもともと体を動かすのが好きで、サッカーとダンスを続けてきました。特にダンスには自信があったんですよ。ダンサーとしてご飯を食べていけるぐらいにまで成長した頃、日本一レベルの実力派ダンサーと踊る機会がありまして。「この人がいる限りこの業界では一番になれないな」と感じてしまったのです。ダウンタウンさんを目の前にした若手芸人さんのような感覚でした(笑)。素直に勝てないなと(笑)。
 
畑山 ダンサーとして壁にぶつかってしまったわけですね。
 
Natsuka はい。そのときに「自分も何かで一番になりたい」という気持ちが生まれました。ちょうどその頃、エネルギッシュな音楽を聞きながら、バイクマシンを使うバイクエクササイズの求人を見つけたんです。音楽も好きでしたし、なおかつ体を動かせる求人でしたから、すぐさま応募しました。
 
畑山 バイクエクササイズは、まるでアーティストのライブに参加しているような、疾走感のあふれるおしゃれなエクササイズだと聞いたことがあります。
 
glay-s1top.jpg
Natsuka そうですね。バイクに乗っている50人以上の参加者が一斉に見つめる中、私たちインストラクターがステージに上がり、大音量の音楽を流しながら一緒に思い切り体を動かします。これが私の性にすごく合っていました。大好きな音楽で体を動かし、みんなから注目されるという理想的なスタイルで、気付いたら動員数で全国1位を獲得していたんです。
 
畑山 Natsuka代表が目指されていたナンバーワンを獲れたのですね。
 
Natsuka はい。2年半ほど、北海道から九州まで日本全国からお客様が毎日大阪まで、エクササイズを受けに来てくれました。ただ、怪我で辞めざるを得なくなってしまいまして・・・。しかし、どうしてもこれで終わりたくないという気持ちで、4日後にパーソナルトレーナーとして、再スタートを切りました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事