B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

笑顔の絶えない現場で
重量物を誤差なく設置

 

ミリ単位の誤差も出さず重量物を設置

 
glay-s1top.jpg
 ただ、当時はこの仕事がどんな仕事かよくわかっていませんでした(笑)。でも、世間に知られていない裏方の仕事だからこそ、頑張ればチャンスが訪れるだろうと考えたんです。それで、10年ほど修業を積み、2009年に独立しました。8万円の中古車を買い、たった一人で仕事に回って資金を貯めて、スタッフを雇い、倉庫を借り、トラックを購入し・・・と徐々に事業を拡大してきたんです。その後、2017年11月に弊社を設立し、現在はスタッフ3名と事務の女性、私の妻の6名で頑張っています。
 
畑山 着実に事業を拡大してこられたのですね。それにしても、素人から見ると冷蔵庫や冷凍庫、生産ライン、空調設備と、種類が異なる分野の工事を一手に引き受けているのはすごいと感じます。
 
 畑山さんのおっしゃる通り、この業界は得意な分野に特化した会社が多いんですよ。ただ、私はいただいた仕事をすべてやらないと気が済まない性格でして。なので、独立後は横のつながりを生かしてさまざまな現場の応援に回り、幅広い技術を手に入れてから弊社を立ち上げたんです。
 
畑山 BMXへの挑戦や今のお話から、畑社長が絶対に妥協しない性格だとよくわかります。
 
 ちなみに、この仕事は10t、20tという重量物を扱う仕事なので豪快に感じられるかもしれませんが、工事ではミリ単位の誤差も出さないよう慎重に作業していくんですよ。
 
glay-s1top.jpg
畑山 まさに、完全主義者でないと無理なお仕事かもしれませんね。これまでの工事で特に印象深かったものがあれば教えてください。
 
 地下鉄の線路に車両を搬入した仕事は思い出深いですね。というのも、搬入するため地面にあけた穴が車両よりも細かったので、レッカー車で車両を斜めに釣り上げ、ぶつからないよう慎重に搬入したんですよ。
 
畑山 またしても、御社の高い技術力に驚きました。そのようなお仕事を完璧にこなすのはかなり難しいのでは?
 
 ありがとうございます。このように、弊社はありとあらゆる現場でノウハウを積み上げてきました。その対応力が他社にない大きな強みになっているのは確かですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事