B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

一級建築士が住宅を診断 
安心・安全を可視化

 

品格のある住宅診断で顧客に安心・安全を

 
glay-s1top.jpg
水野 ホームインスペクションは大工さんと施主さんの間に立つお仕事なので、板ばさみになることも多いでしょうね。どういった依頼者が多いのですか?
 
須藤 販売目的のお客様が多いですね。家の売却後に、雨漏りや故障などのトラブルが生じた場合の保険としての診断希望です。また、新築・中古を問わず、建付けの甘さや、図面との違い、経年劣化、耐震など、自宅に何かしらの不安を感じているお客様からもお問い合わせがあります。
 
水野 新築購入者からも相談があるのですか?
 
須藤 悲しいことに、新築物件でも問題のあるケースは存在しますね。
 
水野 住まいの購入は人生で最も高価な買い物ですし、安心を担保するためには、ホームインスペクション検査センターさんのような会社に依頼するのが得策かもしれません。しかし、売却後の保険となると失敗が許されないお仕事というか、最後の砦のような業種でもありますよね。
 
須藤 そういった責任感を抱いて仕事に取り組んでいます。診断して怪しい箇所があれば、必ず報告書へ組み込みますよ。
 
水野 そう断言していただけると安心感が違います。具体的にはどういった診断になるのでしょう。
 
glay-s1top.jpg
須藤 例えば床下へ入り、内部基礎や床組・配管の状態などを詳細に調査します。ヘッドライトをつけて、図面と照らし合わせながらほふく前進で調査するので、なかなかの労力が必要です(笑)。
 
水野 それは大変! 時間も結構かかるのではないですか?
 
須藤 ええ。数時間要することもあります。耐震調査や、家の最上部である天井裏の調査も少なくありません。雨漏りが起因のシミをはじめ、構造部木材や接合部の状況も調査します。簡単には済みませんので、お客様には丁寧に事前説明してから調査に臨んでいるんです。
 
水野 家の土台から屋根まですべてを調査していくお仕事ですものね。建築士・宅地建物取引士と多面的な経験と知識を得てきた須藤代表だからこそ、今の会社の運用体制でやっていけているのだと感じました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事