B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

技術の向上を追求する
信頼あふれる建築塗装

 
 
glay-s1top.jpg
狩野 私も良い指導者との出会いはかけがえのないものだと思いますよ。修業時代の助光代表が、どうやって自分を成長させてきたのか気になりますね。
 
助光 私の場合は、1日の作業を振り返りながら自分が失敗したことをノートに書いて反省したり、細かくメモを取るなどしたりして、同じ失敗を繰り返さないように心がけてきました。
 
狩野 それは素晴らしい! 同じミスをしないように復習して努力を重ね、自身のレベルアップのために向上心を持って取り組んでこられたんですね。今の若い人たちにも見習ってほしい心がけだと思います! 助光代表が現在のお仕事で心がけていることもぜひ教えてください。
 
助光 施主様に塗装の工程を細かく解説することです。例えば、屋根や高所を塗装する場合は、施主様が登るのは危険なので、私が写真を撮ってお見せします。一つの作業が終わるたびにお声をかけ、「現在はここまで施工しました。次はこのような工程に移ります」というように、丁寧に説明をしています。残念ながら、中には下塗りを省くなど施工に手を抜く業者もいるため、工程を細かく解説することで施主様に少しでも安心していただけるように心がけています。
 
狩野 そこまでしてくださると、ますます信頼感も高まりますよ。助光代表ご自身としても、納得のいく工事ができて気持ち良いでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
助光 はい、私は自分自身が満足できる仕事をするため常に100点を目指しています。仕事を受けたからには手を抜くなどいい加減な施工はしたくありません。だからと言って、自己満足にもならないように施主様が納得できるまでお付き合いし、取り組みたいと思っています。
 
狩野 その真面目な姿勢は、お客さんからも喜ばれていることでしょう。
 
助光 塗装の仕事は、施主様の住まいをきれいにすることです。施主様に「ありがとう」と言っていただけると本当に嬉しくて、やりがいを感じます。私にとって建築塗装は天職なので、このままいつまでも現場に出て塗り続けたいと思っています!
 
狩野 助光代表はとても人柄も良く話しやすいですし、何よりその謙虚で真面目な姿勢はお客さんとしても本当に頼もしい職人さんだと思います。これからも、多くのお客さんを喜ばせるお仕事をしていただきたいですね。さらなるご活躍を私も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
毎日目標を立てて、それをやり切ることです。目標を成し遂げた時の達成感が、やる気を維持・向上させ、仕事を楽しくしてくれます。
(助光大輔)
 

:: 事業所情報 ::

助光塗装

〒556-0022 大阪府大阪市浪速区桜川2-4-6-701

ホームページ
https://sukemitsutosou.com (塗装相談窓口.com)

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事