B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

バーチャル技術で提案し
理想のリフォームを実現

 
 
glay-s1top.jpg
岸田 CGなどを用いたバーチャル技術で、完成後のイメージ画像を見られるのがバーチャルリフォームです。通常のパース画面とは異なり、よりリアルにリフォーム後のイメージを膨らませることができるんですよ。リフォームの難しさの一つは、お客様に図面をお見せしても完成後の住まいをイメージしにくいところです。でも、このバーチャルリフォームはならば、プリントしてお渡しできますし、パソコンなら360度回転させ、横からでも上からでも自由自在にチェックすることができるんです。
 
タージン なるほど! それなら図面だけではわからないところも、一目見ただけですぐに具体的なイメージを掴めますし、要望も出しやすくなりますね。それにしても、なぜ岸田代表はそこまでお客さんに寄り添った対応ができるのでしょう。ぜひ、これまでのご経歴を教えてください。
 
岸田 もともと私は、建築物の完成予想図を制作する会社で働いていました。その後は飲料メーカーの経理、広告代理店の営業、百貨店の外商など会社員も経験してきたんです。広告の仕事は関西の企業経営者に取材して新聞に掲載する仕事で、さまざまな方とお会いしてお話しできたことが、お客様のご要望をしっかりと汲み取り、コミュニケーションを取るための勉強になりました。
 
タージン そうした豊富なご経験が、リフォームに欠かせないヒアリング力やプランニング力を養うことにつながったわけですか。その後の歩みもお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
岸田 その後、広告業界で独立したものの、やはり自分の原点でもある建築が好きだったこともあり、1984年に建築会社を創業しました。そして、大阪市淀川区で狭小住宅の施工やリフォームを手がけてきたんです。それから、心機一転してその会社を売却し、私の地元でもある箕面市の方々に貢献するため、北急リフォームを設立したんですよ。リフォームの仕事は私にとって天職だと感じています。これからも、型にはまらない独自のサービスでおもしろい仕事を手がけていきたいですね。そして、お客様と親密なコミュニケーションを取り、住まいにプラスアルファの価値をご提供しようと意欲を燃やしています!
 
タージン さまざまな経験に裏打ちされた信頼感と、顧客ファーストのお気持ちがよくわかりました。とても柔らかで親しみやすいお人柄の岸田代表なら、安心してリフォームをお任せできますよ。これからも、多くの方々のために頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
他社にはない創意工夫をして自分自身のノウハウを積み重ね、そしてお客様に喜んでもらうことですね。ほかでは真似できないような、独自のサービスを提供していければ、それが楽しみにつながると思います。
(岸田雅文)
 

:: 事業所情報 ::

北急リフォーム

〒562-0012 大阪府箕面市白鳥1-1-24 藤原ビル1F

ホームページ
https://kitakyu-reform.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事