B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

笑顔で楽しみながら
心を育む野球指導

 
 
glay-s1top.jpg
技術だけでなく心も育む指導を重視
小野 子どもたちと仲良くなり過ぎないことですね。指導者と選手として一定の距離を保ちながら、指導するよう心がけています。野球を通じて“人として大切なこと”を伝えたいと思っているので、例えば、きちんと立ち止まって相手の目を見て挨拶をするといった礼儀作法も徹底していますよ。
 
駒田 人としての礼儀などを大事にしているのは素晴らしいですね。段階を踏んで、ある年齢や時期ごとに必要な経験をしておけば、その後の人生で苦労をしても乗り越えられるでしょう。だからこそ、苦しい思いをすることや、失敗を経験させてあげることも重要だと思います。そういった指導方針は、ご自身の体験から養われたのですか?
 
小野 確かに、私自身は厳しい指導の中で、忍耐力や自立心がついたという側面はあります。しかし、暴言や暴力はあってはならないことなので、今の時代に即したスポーツ指導の環境を整えていきたいと考えています。
 
駒田 本来の競技とは関係のない部分でストレスが生じて野球から離れてしまうような事態を防ぎ、選手を守ることにもつながりますね。
 
glay-s1top.jpg
小野 今でも、対外試合でミスした選手を正座させている指導者を目にすることがあります。そのような旧態依然とした野球教育を変えていく必要性を感じ「褒めて楽しんで伸ばす指導」を広めたいという思いに至ったので、フルスイングベースボールスクールは少年団の野球連盟にも加盟しています。私たちのチームが楽しそうに野球をしていて結果も出し続けていれば、他のチームも参考にしてくれるのではないかと思うんです。子どもたちからも、「野球のことならフルスイングベースボールスクールで学びたい」と、選ばれるチームになりたいですね。
 
駒田 小野理事長の指導は、子どもたちの心と体を健やかに育むという教育の芯を捉えた取り組みだと感じました。日本スポーツ育心会さんで学ばれたお子さんは、将来どの業界に行っても活躍できるのではないでしょうか。これからも頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事のオン・オフでいうとオンの時間が長いので、オフでは自分の成長につながるような時間を過ごし、それを仕事に還元できるようにしています。そういうサイクルをつくれていると、仕事が楽しいですね。
(小野裕次郎)
 

:: 事業所情報 ::

一般社団法人日本スポーツ育心会

〒331-0052 埼玉県さいたま市西区三橋5-2018-16

ホームページ
https://japan-sports.org

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事