B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

長く寄り添う創業支援で
日本の未来を明るくする

 

独立に弾みをつける創業者支援総合サービス

 
glay-s1top.jpg
鶴久 事業内容について詳しく教えてください。
 
大内 経理の代行や経営、財務コンサルティングをベースに、これから独立する方やスタートアップ企業の支援を行っています。特徴は、スタートアップ後もフォローを行う点ですね。創業支援ビジネスは現在も多く展開されているものの、スタートアップ期のみのサポートで終わっているケースが多いんです。
 
鶴久 やはり、創業期を終えた後も専門家のフォローは必要とお考えですか?
 
大内 そうですね。例えば現在、新型コロナウイルスの影響で個人事業主や中小企業の方が大変な思いをされています。そのようなニュースを見ても、例えば事前に共済積立貯金などの対策をアドバイスできていればと感じます。いざというときの相談ができるパートナーの存在は企業にとって大切ですよ。
 
鶴久 仮にNINJAさんと契約を結んでいれば、会社としては創業時から二人三脚で歩んでいるだけに、何でも相談しやすいでしょうね。大内社長は、具体的にどのようなサポートを行うのでしょう?
 
大内 私が起業時に経験したことで、「あればよかったのに」と感じたことを解消するサポートを行います。例えば能動的に仕事やビジネスパートナーを探せる場や、自分の強みをPRできる場、資金調達が簡単に行える場の提供などですね。そのようなプラットフォームとして、創業者支援総合サービス「NINJA」のベータ版を2020年5月にリリースする予定です。
 
鶴久 どんなプラットフォームなのか、気になりますね!
 
glay-s1top.jpg
大内 NINJAでは販売先や協力会社、業務委託者、スポンサーなど、幅広くビジネス人材をマッチングできます。さらに、クラウドファンディング機能もあるため、自社のPRを行い、ビジネスパートナーを探しながら資金調達も行えるんですよ。「クラウドソーシング」、「クラウドワーク」、「クラウドファンディング」の3つを組み合わせたプラットフォームと言えます。また、サービスの運営はマッチングサービスの有料掲載料で行うため、クラウドソーシングでは仲介手数料がかからない直接取引も可能です。フリーランスの方は収益を伸ばしやすいと思いますよ。
 
鶴久 独立したてで資金繰りがシビアな時期に、仲介手数料無料なのは魅力的ですね。起業した人と一緒に走っていきたいという大内社長の思いも伝わってきます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事