B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

キックボクシングジムと
運送業を力強く運営中!

 

会社もジムもさらに上の段階へ踏み出したい

 
glay-s1top.jpg
内山 そうなんですか! いい環境を用意されていますね。ジムにはプロの選手もいるんですか?
 
坂上 はい。7人いて、2019年にはそのうちの4人がチャンピオンになりました。幼少の頃から通ってくれている子も多くて、選手のことは自分の子どものように思っています。その子たちがチャンピオンになってくれて嬉しいですね。
 
内山 いい育成環境があるからこそ、チャンピオンが生み出せるんでしょうね。
 
坂上 でも、選手たちは自分たちが恵まれた環境で練習できていることにあまり気付いていないかもしれません(笑)。できれば、選手として強くなっていくのと同時に、周りの人たちに対しての感謝の気持ちを忘れないように成長してほしいと思いますね。キックボクシングは一人でやっているわけではなく、トレーナーや後援者、ファンや大会を運営してくれる人など、たくさんの方々がいて成り立っている。そういう方々との出会いに感謝し、支えられているのだと感じられる選手であってほしいです。
 
内山 そうですね。周囲のことも気遣えて感謝ができてこそ、一流のチャンピオンだと思います。ニュージャパンキックボクシング連盟の理事長としては、どんな活動をされているんでしょう。
 
坂上 理事長に就任してから執行役員の若返りをはかったり、会計についての不透明な部分を見える化したりするなど、クリーンな活動ができるように改革をしています。
 
内山 なるほど。キックボクシング界全体の活性化に務めていらっしゃるんですね。
 
glay-s1top.jpg
坂上 はい。ジムと連盟の活動を通じて、日本のキックボクシングジム運営のスタンダードとなるようなモデルを確立していきたいですね。例えば、キックボクシングの技術を教えるだけではなく、気軽にご利用いただけるフィットネスの要素なども取り入れていきたいと考えているんです。
 
内山 気軽に通えるようなジムにすれば、一般の方々にも競技の魅力を知ってもらう機会になりそうですね。それでは最後に、新興運輸さんの今後の展望についても教えてください。
 
坂上 いくら今の世の中がコンピュータを中心に動いているといっても、トラックに乗って荷物の運送をするのは、人間にしかできない業務だと思っています。ですから、コンプライアンスを今以上に徹底し、たくさんの運送会社の中から選んでいただける会社になりたいです。それと並行して、次代へと事業承継も進めていきたいですね。
 
内山 若い頃からトラックに乗って働いて、キックボクシングにも取り組んできた坂上会長だからこそわかる、選手たちへの思いやりを感じました。これからも運送やキックボクシングの業界を変えていかれるよう、ご活躍を期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人との出会いを楽しむことが仕事を楽しむことなんじゃないかと思ってます。
(坂上顕二)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社新興運輸
■ 本社 〒243-0803 神奈川県厚木市山際517-1
■ 事業内容 一般貨物運送事業
■ 設立 平成5年2月
■ 従業員数 31名
■ ホームページ http://www.shinkoh-unyu.com
http://www.smg-japan.net (シンコウムエタイ)
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事