B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

愛車をいつまでも美しく
進化するコーティング剤

 

多彩な分野で情報を共有、お互いが向上する

 
glay-s1top.jpg
濱中 川上社長がお仕事の中で大切になさっていることはなんでしょうか。
 
川上 私は一人ひとりのお客様に最も適した商品をご提案したいと思っています。例えばカーコーティングも、ただ単に塗膜の硬度が高いものを勧めれば良いというものではないんですよ。
 
濱中 えっ、そうなんですか! コーティングの耐久性を上げるには、硬度が高い方が良いように思えますよ。
 
川上 実はコーティングが硬すぎると、後で自動車本体の補修や修理が難しくなってしまうんですよ。そこで私は、お客様が本当に求めているご要望に対して、最適なものをと考えてご提案しています。
 
濱中 なるほど。あらゆる可能性を考慮しているわけですね。自動車の鈑金塗装に関する知識がなければ、そのような提案もできないと思います。鈑金の経験を積んでこられた川上社長だからこその強みですね。
 
川上 ありがとうございます。以前、弊社のホームページを公開した日にこんなことがありました。ご連絡くださったお客様は、取り扱っている中で一番高い商品のご購入を希望されていたんです。そこで私が、使用状況やご要望を細かくヒアリングすると、そこまで高価な商品は必要ないとわかりましてね。迷わず低価格の商品をお勧めしました(笑)。
 
濱中 それは、利益を優先していてはできないことですね。川上社長がお客さんを第一に考えておられるのがよくわかりますよ。
 
glay-s1top.jpg
川上 お客様に喜んでいただくためにも、常にアンテナを張り、日々進化する自動車業界全般の情報を集めておかなければなりません。ですから、私は“一生勉強”の精神でさまざまな分野の方とも積極的に交流しているんです。同業者に限らず他業者でも、じっくり話を聞き、良いと思えば即実行します。そのおかげで全国にネットワークが構築できました。例えば、四国には古くからよく知っている、鈑金を極めた職人さんがいるんです。今も講習会を開催すると聞けば必ず参加して、技術を学んでいますよ。
 
濱中 その向上心は本当にすごい。ぜひ私も見習いたいですね。
 
川上 ほかにも、協力していただいているコーティング施工の代理店には、下処理や磨きの技術を上げてもらいたいと考えているので、こちらから提供できる情報は何でも教えます。逆にこちらが吸収できることは、積極的に学んでいきたいですね。そのようにお互いが新しい発見をして、その情報を共有すれば、より良いものが生まれていくと信じています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事